Universal Media Transport V

Universal Media Transport V

ユニバーサル・トランスポート

■MSBテクノロジー
ユニバーサル・メディア・トランスポート V

先進のD/Aコンバーターをはじめとするハイクォリティーなプロダクツでハイエンド・デジタルオーディオ界を牽引するMSBテクノロジーは、デジタルディスク・プレーヤーの領域でも、他と一線を画する革新的な開発を続けてきました。デジタルオーディオ黎明期の90年代初頭には、極めてマニアライクなCDプレーヤーを発端に、世界初のAC3プレーヤー、THX認証のレーザーディスク・プレーヤーなどを相次いで発表。次いで、SACDネイティブデータの送り出しをも可能とするXPORTアップグレードモジュールやiPodからダイレクトにデジタル信号を引き出すiLinkを2007年にリリース。2010年には、MSB DACとの連携でSACDを含むすべてのデジタルミュージックソースのネイティブ伝送を実現する”Universal Media Transport”を送り出しました。その後の発展モデル”Universal Media Transport Plus”は、オーディオ系/ビデオ系電源の分離独立使用を可能とし、さらに、MSB DACからのマスタークロックによって完全同期を図るMSB PRO I2Sの標準搭載によって、超低ジッター・高精度のデジタル伝送を果たしています。そして、今日それは、MSB D/Aコンバーターの最高峰モデル”SELECT”とそのテクノロジーを反映したリファレンスモデル”Diamond DAC V”など、一連の”V”シリーズの完成によって、筐体構造の強化と電源品位のさらなる向上を図った”Universal Media Transport V”に生まれ変わりました。

MSB_UMT-V-Side

上: Universal Media Transport V 本体 下: Dual Transport Power Base V

MSB_UMT_Remote”Universal Media Transport V”(ユニバーサル・メディア・トランスポートV; 以下”UMT V”) はMSBが誇る数々の優れたフィーチャーを有していますが、特筆すべきは、CD, SACD, BluRay, HRx, DVD, DVD AudioなどすべてのディスクとHDD、USBメモリー、ネットワークというあらゆるデジタルメディアへの完璧な対応力に対し、最高レート192kHz PCMや2.8MHz DSDのハイ・レゾルーション・デジタルオーディオ信号をダイレクトに、そして極めて精緻にD/Aコンバーターに送り出す能力です。それを可能としているのは、デジタル信号の精度を保持しジッター低減を図るMSB独自のノウハウによる極めて高度なデジタルオーディオ・プロセッシング・テクノロジーです。
そして勿論、本機はそうした高品位なオーディオ機能だけでなく、HDMI1.4に準拠した3D対応の高品位ビデオ出力を装備。
音声と映像のクォリティーに多大な影響を及ぼすメイン電源部は本体から切り離された別筐体仕立てとされています。また、オーディオ回路とビデオ回路を分離したデュアルパワーサプライをも可能とし回路間の相互干渉を徹底排除。ビデオソースのみならずBluRay AudioやSACDなどの高品位デジタルオーディオ再生に於ける理想環境を提供します。

■フィーチャーMSB_UMT_Media-etc

●デジタルメディアプレーヤー(DMP)機能:
・内蔵ディスクドライブ対応メディア;CD, SACD, BluRay, HRx, DVD, DVD Audio,
・外付けストレージ対応メディア; USBメモリー, HDD
●ネットワークLANミュージック・ストリーマー(DMR)機能
●デジタル出力 : <Coaxial>, <Toslink>, <AES/EBU>, <HDMI>, <MSB PRO I2S>
・レゾルーション: 24bit(32bi@I2S) /44.1kHz~192kHz PCM, 2.8MHz DSD
・2chまたは7.1chの振り分け設定が可能
●HDMI1.4出力(映像/音声分離)
●セパレート電源構成MSB_UMT_Media-type

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 高度なデジタルオーディオ・プロセッシング・テクノロジー ]

搭載するディスクドライブはBluRay/マルチメディア対応メカニズムの製造において定評のoppo製を採用しながら、そのオーディオ処理系は全面的に置き換えられています。システムクロックやデジタルオーディオ信号処理に関わる全てがMSBの高度なオリジナル技術によってカスタマイズされ、あらゆるデジタルソースに対するオーディオ・トランスポートとしての究極の性能を実現しています。

■高精度インターナル・クロック: アドバンスド・クロックマネージメント・テクノロジー

Audio回路に置かれたマスタークロックからドライブメカニズムをもコントロールするアドバンスド・クロックマネージメント・テクノロジーにより、極めて安定したデジタルオーディオ信号処理を実現。BlockDiagramUMTplus
一般的にA/Vプレーヤーではマスタークロックはディスクドライブ系に置かれ、そこからオーディオ回路にも供給されます。しかし、そこでの問題はノイズと不安定要素です。ドライブの回転とビデオ系の駆動に影響されてマスタークロックの品質は劣悪となりオーディオ信号処理に多大なジッターを与えるのです。”UMT V”では、これまでと同様にそうした影響を回避するため、マスタークロックはオーディオ回路側に置かれています。そうすることで極めてクリーンなオーディオ信号データがピックアップされます。その上でさらに、そのデータを一旦ソリッドステートメモリーに取り込み、再整列して送り出します。ジッターフリーでビットパーフェクトなデータ・トランスポーテーションを可能とする音質最重視の優れた方式です。
また、MSB PRO I2Sインターフェースを使用したMSB DACとの組み合わせでは、マスタークロックはMSB DAC側からの供給となりさらに強固な信号処理がなされます。

■MSB PRO I2Sインターフェース

上述の通り、一般的なDACとの組み合わせでは、搭載された高精度なマスタークロックによって信号処理を行ない、外部DACへの低ジッターデジタル出力を実現していますが、MSB PRO I2Sインターフェースを使用したMSB DACとの組み合わせでは更に高精度/低ジッターの信号処理を可能としています。MSB独自の高精度PRO I2Sインターフェースは、MSB DACからトランスポートへ超低ジッターのマスタークロックを送り完全同期させ、トランスポートからDACへはI2Sフォーマットに準じたL/Rデータとワードクロック、ビットクロックを分離したシリアルバス・データを出力します。相互の接続はCAT6-LANケーブルが用いられ、入出力は光カプラーでフローティングされグランドノイズなとの悪影響を根絶。ハイビット/ハイサンプルレートのデジタル信号の超低ジッターでビットパーフェクトな授受を可能とする優れた方式です。また、SACDのDSD信号もMSB DACに対してはネイティブのまま伝送します。

MSB_Pro-I2S-diagram

■2chのみならず7.1chマルチにも対応する多彩な高品位デジタル出力

MSB_UMT_PCB“UMT V”は、優れたD/Aコンバーターとの接続で本来の力を発揮する4種類6系統の多彩なデジタル出力端子を設けています。
3xCoaxial, Toslink, AES/EBU, MSB PRO I2Sの各出力は最大192kHz PCM, 2.8MHz DSDに対応。特にMSB DACとのMSB PRO I2Sインターフェースでは、PCMも他の24bitを上回り、32bitをも許容します。BluRay Audio やSACDのみならずネットワーク/ファイル・オーディオに於けるハイレゾPCMやDSDを様々な機器で高品位な再生を可能とする多彩なデジタル出力です。

MSB_UMT_Outputsまた、”UMT V”は一般的なブルーレイ・プレーヤーのようにHDMI1.4端子によるオーディオ出力からサラウンドプロセッサーに接続し2ch〜7.1chマルチチャンネル再生を可能とするのは当然のこととして、それとは別に、4種類6系統のデジタル出力(3xCoaxial, Toslink, AES/EBU, MSB PRO I2S)を全2chまたは7.1chマルチに振り分けるフレキシブルな設定をも可能としています。マルチch設定とすると、図のように各端子から各チャンネルが振り分けられてデジタル出力されます。この機能を使って、2chの優秀なD/Aコンバーター4機に接続することで極めて高品位な7.1chウルトラ・サラウンド・システムを構築することが現実のものとなります。

[ ドライブ・メカ/コントロール/ビデオ系 ]

ディスクドライブ・メカニズムとビデオ/コントロール系はマルチメディアメカとして定評のoppo BluRayドライブをベースとしています。
3D対応のデュアルHDMI1.4出力を装備。HDMI1では、QDEOビデオプロセッサーによる高画質ビデオが出力されます。
また、2つのHDMIは、Split A/V 機能によりHDMI1にビデオ信号のみ、HDMI2にオーディオ信号のみといった分離出力も可能とし、映像を必要としない場合には映像回路をシャットオフするピュアオーディオ再生モードも搭載しています。
ファームウェアの更新にもoppoオンラインで迅速に対応ができます。

[ セパレート電源構成 ]

MSB_UMT-V-BACK_DCjack_“UMT V”は、本体とセパレート電源で構成され、本体には、セパレート電源からのDC供給を受けるコネクターが2系統用意されています。
基本的には1系統だけで動作をさせることができますが、2ndコネクターも併用して2系統それぞれに別々のDC電源を接続すると、ビデオ系/オーディオ系を分離した電源供給が可能となります。ビデオ出力とデジタルオーディオ出力の相互干渉が徹底排除され、より高品位な再生が可能となります。

DesktopSupply600

Desktop Power Supply

セパレート電源ユニットには次の3種類がリストされています。
・Desktop Power Supply: ベーシック・パワーサプライ(12VDCx1) メディカルグレード・スイッチングレギュレーター
・Signature Transport Power Base V: アップグレード・パワーベース(12VDCx1) 超低ノイズ・リニア・レギュレーター
・Dual Transport Power Base V: アップグレード・パワーベース(12VDCx2) 超低ノイズ・リニア・レギュレーター2回路

MSB_Power-Base-V-white

Signature Transport Power Base V / Dual Transport Power Base V

 

 

 

 

 

 

アップグレード・パワーベース2機MSB_DualSigTransportPB_back_open種は、リニア方式の採用によって超低ノイズで極めて安定した強力な電源供給を実現。本体と同サイズにしてバランスよくスタックすることもできます。
また、ビデオ系/オーディオ系分離電源供給には、Dual Transport Power Base V がベストユースですが、Desktop Power Supplyを2台、あるいは、Desktop Power Supplyをビデオ系に、Signature Transport Power Base Vをオーディオ系にと言った、組み合わせも可能です。

 

MSB_UMT-V-BACK__

[ Specifications ]

●デジタルオーディオ出力: 3xRCA, Toslink, AES/EBU, MSB PRO I2S
●ビットストリームサラウンド・デジタルオーディオ出力: 1xRCA, Toslink
●アナログ出力: 無し
●ビデオ(and/or オーディオ)出力: 2xHDMI1.4(ビデオ/オーディオ分離設定可)
●メディアコネクション: 3xUSB, LAN
●最大デジタル出力レゾルーション:24bit/192kHz PCM, 32bit/192kHz&SACD-dirct PROI2S
●ファイルタイプ: WAV,FLAC, DSD64x, MP3, Dilby Digital,HD, dts HD, etc.
●ディスクタイプ: CD, SACD, Blu-ray(Audio, 3D, BD-Live, BD-R/RE), HRx, DVD(Audio,Video), etc.
●電源: 100V AC, 50/60Hz
●消費電力:30W
●外形寸法:本体: 441W x 60H x 325D (mm)
●重量:本体: 6kg
●付属: UMTリモコン
●外装カラーフィニッシュ: Matte BlackまたはMatte White。他にカスタムカラーの特注も可。

※仕様は改良のため予告なく変更される場合があります。

ユニバーサル・トランスポート

Universal Media Transport V

FM ACOUSTICS
TRANSPARENT
Ayre
finite elemente
Wilson Audio
Dan D’Agostino
MSB TECHNOLOGY
EXOGAL
bergmann
lumen white
Ayon