finite elemente

finite elemente(フィニッテ・エレメンテ;1996年創業)、そのブランド名は、連続した無限の事象を、幾つかの有限(=finite)要素(=elemente)の組み合わせをもって等価的に置換する高度な物理的解析法に由来しています。
その名の通り、メインプロダクツのパゴデ “マスターリファレンス”や”エディション”などプレシジョン・ハイファイ・ラックシステムでは異なるピッチの複数個のロッド型“Resonator”の内蔵によって共振や床からの振動を熱エネルギーに変換・振動吸収するという高度なテクノロジーを投入。また、ハイテク・セラミックボールによる高性能インシュレーターの開発など、ハイエンドオーディオ・コンポーネントの能力を最大限に引き出し究極的な音質改善をもたらす高品位アイテムをラインナップしています。

Luis Fernandes
||||||||||||||||
Finite Elemente
Am Heimekesberg 11
33106 Paderborn
Germany

 

弊社では2009年より取り扱いを開始し、ハイエンド・オーディオラックを中心とした多彩な製品をご紹介してきました。その群を抜く音響性能と質感に、多くのオーディオファイル諸氏からの高い評価を頂戴しています。
2017年秋から約一年半、finite elementeは、諸般の事情により操業を中断しましたが、2019年6月に、創業者ルイス・フェルナンデス氏は生産経営体制を抜本的に立て直し、心機一転、再スタートを切りました。
そして、再開にあたっては、主力製品であるオーディオラックは、リアルウッドの高級感をそのままに、コンストラクションの緻密な構造改革によって、より高い次元へと性能を高めたマークIIモデルにアップグレードされました。

●フィニッテ・エレメンテ 2019 新製品(MkII)概要

Ayon
Ayre
bergmann
Dan D’Agostino
EXOGAL
finite elemente
FM ACOUSTICS
FYNE AUDIO
GRANDINOTE
lumen white
MSB TECHNOLOGY
TRANSPARENT