GRANDINOTE

GRANDINOTE’s HISTORY
FROM 1996 UNTIL OUR DAYS

[ ヒストリー & フィロソフィー]

初めまして、私は、Grandinote Magnetosolid®Technology とMach スピーカーを開発したMassimiliano Magri (Max と呼んでください)です。1973 年に生まれた私は、学業の終盤期1997 年に電子工学の学位を取得しました。遡る1996 年には、私は最初の本格的なオーディオアンプを製作しました。それは、真空管アンプ(チューブアンプ)でした。トランジスターアンプ全盛時代の当時にあっても、真空管を使ってクォリティーの高いサウンドを得ることは、私にとってはそれほど難しいことではなかったからです。
そのチューブアンプに搭載した出力トランスは、一般的な市販品ではなく、自ら設計し自分でコイルを巻きあげた特製品でした。その後開発したすべてのアンプに搭載した出力トランスは、同様に自らの手作りによるものでした。そうした幾多のチューブアンプに搭載する出力トランスに関する不断の研究が、今日のGrandinote を支えるMagnetosolid®Technology の基礎となったのです。

Magnetosolid®Technology とは:

ミレニアムの年の終わりの頃まで私は、そうした真空管アンプの音にとても満足していました。しかし、私の頭には唯一の疑問がありました。 <<なぜチューブアンプはソリッドステートアンプよりも音が豊かなのか?!>>
チューブとソリッドステート・デバイスの物理特性を完全に習熟していた私が見出したその答えは、実は、回路そのものであり、デバイスの違いによるものではないということでした。 そして、2000 年初頭から独自の技術を研究し始め、その解答を与える技術を持つ最初のアンプを2002 年に創り上げました。それは本質的に真の “チューブアンプ回路”でありながら、ソリッドステート・デバイスだけで構成され、手作りの特製出力トランスを積んでいました。音の出た瞬間、その瑞々しいサウンドは、他のすべてのアンプとはまったく異なるものでした。私は誇りをもって、この技術に「Magnetosolid®Technology」という名前を与えました。
「Magnetosolid」とは、MAGNETO とSOLID の融合を意味します。
MAGNETO とは、磁性コンポーネント、つまり、出力トランス。そして、SOLID は、ソリッドステート・コンポーネントです。この出力トランスの搭載は、チューブアンプの回路から辿り着いた必然の帰結から生まれたものなのです。
「Magnetosolid」によって、私はついにチューブアンプの豊かな自然なサウンドを備えたソリッドステートアンプを創り上げました。
しかし、それだけではありません、Magnetosolid®アンプの周波数応答はチューブアンプよりも格段に優れています。
そしてさらに、真のプラス要因はダンピングファクターです。出力インピーダンスはチューブアンプよりも桁違いに低く、チューブアンプでは果たせない低域周波数の制動能力を獲得しています。
そして、多くの優秀なチューブアンプがそうであるように、増幅ステージの段間にはキャパシターを挿入しないダイレクトカップリングとした上、シンプルなシングルプッシュプルとしました。回路は、 ゼロフィードバック構成、クラスA 駆動とし、信号純度をさらに高めています。また、すべてのデバイスには専用の電源回路が設けられクリーンな電源供給を行なっています。
「Magnetosolid」は、チューブアンプのような回路でありながらも、ソリッドステート・デバイスの登用と特別な出力トランスの搭載によって、チューブの音の豊かさを保ちながら、かつ、その特質の抜本的改善を果たす革新のテクノロジーです。

Grandinote srls
Massimiliano Magri

 

GRANDINOTE Lineup

Ayon
Ayre
bergmann
Dan D’Agostino
EXOGAL
FM ACOUSTICS
FYNE AUDIO
GRANDINOTE
lumen white
MSB TECHNOLOGY
TRANSPARENT