V-5xe

V-5xe

パワーアンプ

「V-5xe」は「V-5x」(2002年作)のアップグレードモデルとして、2005年に登場。「V-1」「V-3」に次ぐ第三のラインナップを形成するAyre(エアー)“5”シリーズのパワーアンプとして、プリアンプ「K-5xe」、フォノ・プリアンプ「P-5xe」を支える実力機です。

2001年に発売されたベースモデル「V-5」のメインボードのデバイス変更など一部回路をマイナーチェンジして解像力を向上させた「V-5x」は、上級機「V-1x」のゼロ・フィードバック、フル・バランス、ディスクリート構成の回路コンセプトを受け継ぎながら、適切なパワー150W/ch/8Ωをもたせたパワーアンプとしてベストセラーを誇りました。フロントエンドにFETを、以降出力段まですべてをバイポーラトランジスターで構成、インプットサーキットには、極めて安定性に富むカレントミラー回路を採用。良質なハイパワーを得るための電源トランスには、音質に優れ、S/Nなど諸特性に優れたEIコアタイプを搭載。加えて“Ayer Conditioner”パワーラインフィルターの挿入によって、ゆるぎない動特性と透明感あふれる音質を確立しました。

その「V-5x」をベースとして、「V-5xe」では、さらに電源系の徹底的なブラッシュアップが施されました。
整流回路の微小なスイッチング・ノイズをも完全に除去する新たな電源技術“Dynamic Power”回路と、入力回路へのゼロフィードバック・ボルテージレギュレーターの搭載などを核とする革新によって、より高いS/Nと、ローレベルの解像度向上を果たし、広大な音場の再現力と低域の力感とこれまでにない彫りと深みのある音の表現力を与えています。

[ F e a t u r e s ]

  •  全段完全バランス・サーキットデザイン
  •  ゼロフィードバック
  •  FETインプット/バイポーラ・アウトプット
  •  EIトランス

[ Specifications ]

● 出力:150W / CH / 8Ω、300W / CH / 4Ω
● ゲイン:26dB
● 入力インピーダンス:200kΩ(balanced)、100kΩ(per phase)
● 周波数レスポンス:DC - 200kHz
● 消費電力:10W(スタンバイ時)、120W(動作時、無信号時)、700W(最大)
● 外形寸法:W460 × H200 × D410 mm
● 重量:25.0kg

パワーアンプ(ステレオ)

V-5xe

FM ACOUSTICS
TRANSPARENT
Ayre
finite elemente
Wilson Audio
Dan D’Agostino
MSB TECHNOLOGY
EXOGAL
bergmann
lumen white
Ayon