VX-R Twenty

VX-R Twenty

リファレンス・ステレオパワーアンプ

Ayre ”VX-R Twenty” は、従来のVX-Rからの完全モデルチェンジ機として、モノーラル・パワーアンプMX-R Twentyの優れた資質を単一筐体に投入した、エアー創立20周年記念のリファレンスシリーズ・ステレオパワーアンプです。
ゼロフィードバック、フルバランス・ディスクリート構成というAyre伝統の回路構成と音質に優れたEI電源トランスまでの全てをL/R独立としたデュアル・モノ構成、アルミ削り出しのモノコック・シャーシーなど、これまでのVX-Rの卓越したコンセプトはそのままに、新たにゲインステージの”EquiLock”カレントミラー回路をオプティマイズし、出力ステージには”ダブルダイヤモンド回路”を、そして新電源回路”AyreLock”リニア・パワーサプライを搭載。電源トランスをLch/Rchに各1ユニットとし、出力パワーを200W(@8Ω)、400W(@4Ω)とした以外、すべてのフィーチャーはMX-R Twentyに完全準拠。立上りのスピードとS/N感、位相特性などを大きく改善し、鮮度とダイナミズムに溢れた駆動力を実現しています。

[ VX-R Twenty に搭載された最新テクノロジー ]

■ 出力ステージに”新ダブルダイヤモンド回路”を搭載 :

VX-R Twentyの出力ステージには、MX-R Twentyで確立した新方式”ダブルダイヤモンド出力回路”を搭載。一般的に、ダイヤモンド回路は、コンプリメンタリーに組まれたNPN/PNPトランジスター出力段を上下対称に配置された初段トランジスターのエミッタフォロアでドライブし、極めて高い電流駆動能力を発揮させながら高S/Nと低歪率を実現するものですが、”ダブルダイヤモンド回路”は、出力段のみならず初段までもコンプリメンタリー・プッシュプル回路とした二重構造としています。これによって一般の回路が膨大な熱の発生を余儀なくされるのに対して、”ダブルダイヤモンド回路”は35%も温度上昇を抑えることに成功し、特に低域でのより強力なパワーハンドリングと制動力を実現しています。また、さらにこの”ダブルダイヤモンド回路”はホット/コールドの各位相に均等に組み込まれ、完全バランス回路を形成。片チャンネル当たり、バイポーラ素子12個(ホット/コールド各々に三パラのNPN/PNP)による出力段の強靭な電流駆動能力を最大限に引き出しながら、より高いニュートラリティーとクリアネスを獲得しています。ノン・フィードバック、フル・バランスというエアーの拘りを昇華させる最新のテクノロジーです。

■ Ayre独自の”EquiLock”サーキットをより厳格にオプティマイズし優れた動特性をさらに改善 :

EquiLockサーキットは、カスコード/カレントミラー増幅回路を高度に発展させたエアー独自のリニアリティーに優れたゲイン回路です。ゲイントランジスターのリニアな動作特性領域を保つための電源電圧を極めて安定にホールドし、電圧変動が引き起こすゲイントランジスターのコンダクタンス、キャパシタンス特性変化による動特性の乱れを抑えます。VX-R Twentyには、MX-R Twentyでさらに改良され動特性を高めた”EquiLock”回路をゲインステージの全てに搭載。極めて高いリニアリティーとワイドバンドウィズを超低歪率で達成しています。Ayre_vxr_inside

■ 伝統のリニアー・アナログパワーサプライにさらに磨きをかける”AyreLock”ボルテージ・レギュレーターを搭載 :

音質に大きく関与し、また、特にクリティカルな電圧安定度が要求されるフロントエンドからドライバーまでのパワーサプライ回路にはAyreがポリシーとして長年拘ってきたディスクリート・リニアー・アナログ方式を採用。そしてさらに、VX-R Twentyでは、この回路に、以前のシングル・パワートランジスター出力方式によるレギュレーターに替えて、あたかもコンプリメンタリー・プッシュプル出力回路の如く作動する新開発”AyreLock”ボルテージ・レギュレーターを投入。電流増大時には瞬時にプルアップして出力パワーを上げ、減少時には瞬時にプルダウンして適正出力を保つ超能動的な働きによって、元来僅かであったとは言え音楽信号のダイナミックックスの起伏がもたらす消費電流の増/減双方に対する微細な変動にも、より鋭敏に、より精確に機能する画期的な超安定化電源を実現しています。
また膨大な電流駆動が要求される出力ステージへのパワーサプライには、その整流素子として、これまでよりさらに低損失かつ大容量を実現するTO-247パッケージの新デバイスを登用。
圧倒的な電源供給能力を達成し、音の鮮度とダイナミック動特性を劇的に向上させています。

■ 信号経路の全てに超高品位抵抗Vishay foil SMTユニット抵抗を採用 :

一般的に高性能メタルフィルム抵抗と呼ばれるものに比べても、そのコストが20倍にも及ぶVishay foil SMTユニット抵抗を、新たに信号経路の全てに採用。高精度と高安定性において比類無きハイパフォーマンスを与え、更なる高音質化に貢献しています。

[ VX-R からVX-R Twentyへ優れたテクノロジーの継承 ]

■ 完全デュアルモノ構成によるステレオアンプ

■ 筐体・ヒートシンク一体型アルミブロック切削モノコックシャーシー :

VX-Rの筐体・シャーシーは、MX-Rと同様に分厚いアルミ塊を切削し、電源ブロック、AC給電ブロック、表示ブロック、アンプブロック、出力ワイヤーブロックの各セクションを完全独立コンパートメントとしてシームレスに形成したモノコック構造。同時にそれは、巨大なヒートシンクの役割も担い、また、回路への外部からの振動抑制と電磁シールドの効果と同時に各ブロック間の相互干渉の徹底排除をも実現。深いS/N感と鮮度の高い躍動感を音にもたらします。

■ 群を抜く位相特性のゼロフィードバック・デザイン :

オーバーオールはもちろん、ローカルにさえフィードバックを一切使用しない、ゼロフィードバック・サーキット・デザインによって位相精度を極めています。ナチュラルな倍音の拡がりに、胸のすくほどのリアリティー感に溢れた音場空間を再現します。

■ 伝統の全段フル・バランス、ディスクリート、リニアアンプ回路構成 :

フロントエンドから出力ステージの全段に亘ってフル・バランス回路で構成。オペアンプを一切使用しないディスクリート・デバイス仕立てによる伝統の回路技術が、優れた位相直線性とドライブ能力、そして並外れて高いS/Nを実現しています。

■ 選び抜かれたカスタムメイド・オーディオグレード抵抗と高品位ポリスチレン・コンデンサの採用

■ 超低損失・回路基板材の採用

■ 優れた音質のEI電源トランスを採用 :

電源はパワーアンプの心臓部です。中でもAyreが伝統的に採用してきたのは音質的に極めて有効なEI型電源トランス。VX-R TwentyにはL/Rのそれぞれのチャンネルに独立したマッシブな2個のEIトランスを搭載し、極めてノイズレベルの低いリニア整流回路に電力を供給。いかなる負荷にも揺るぎない底力を与える、大容量かつS/N 感に優れたダイナミックな電源能力を誇ります。

■ パワーラインRFIフィルター、Ayre Conditioner :

ACラインから混入してくる電源の高周波ノイズを熱エネルギーに変え、ピュアなACパワーをトランスに供給する独自のAyre Conditionerを搭載。非磁性体素材によるその機構は、電磁的なヒステリシスによる歪を発生させずクリーンな電流を安定供給し、深く芳醇なサウンドをもたらします。

■ AyreLinkコミュニケーション・システム対応 :

Ayreのプリアンプなどとの連携で、電源ON/OFFの同期が図れるRJ-11エアーリンク・ポートを装備。

■ ロジックサーキット:

洗練されたマイクロプロセッサーが増幅回路の動作パラメーターをモニターし、コントロールします。同時に、他のAyre機器とのシステマティックな連携を可能とするAyreLinkコミュニケーションも司ります。コントロール系は光アイソレーターによって電気的に遮断され、また、通常はスリープモードに入るなど、オーディオ回路への干渉を根絶しています。アンプ内部のステータス情報は、電源スイッチとランプを兼ねたフロントパネルの一個のLEDの色の変化と点滅回数によって表示されるスマートなシステムです。

[ Specifications ]

● 出力パワー(連続):200W(8Ω)x2、400W(4Ω)x2
● ゲイン:26dB
● 入力インピーダンス:2MΩ(balanced、1MΩ per phase)
● 周波数レスポンス:DC-250 kHz
● 電源:100VAC 50 / 60Hz
● 消費電力:800W (45W in standby mode)
● 外形寸法:W440 × H95 × D480 mm
● 重量:35kg

● 外装フィニッシュ:SILVER (のみ)
※改良のため仕様は予告なく変更することがあります。(2015.3)

リファレンス・パワーアンプ(ステレオ)

VX-R Twenty

カラー:シルバー

Ayon
Ayre
bergmann
Dan D’Agostino
EXOGAL
finite elemente
FM ACOUSTICS
FYNE AUDIO
GRANDINOTE
lumen white
MSB TECHNOLOGY
TRANSPARENT