MOMENTUM S250MxV

MOMENTUM S250MxV

パワーアンプ(ステレオ)

Dan D’Agostinoブランドの象徴、
究極的進化を遂げた”MOMENTUM”ステレオパワーアンプS250MxV。

Dan D’Agostinoブランドの記念すべき第一号機、2011年にリリースされたMOMENTUM Monoblock(M300)、さらに、それをステレオ化した一年後のS200は、銅とアルミブロックの削り出し素材というユニークな、そしてパワーアンプとしては比較的コンパクトなボディーから溢れるエモーショナルなサウンドで、ハイエンドオーディオ界に一大センセーションを巻き起こしました。その5年後、S200は、更なるS/N向上とパワーアップを求めて、しかしその大きさを変えることなく、S250へとアップグレードされました。

一方、ブランドの主宰者Mr.ダニエル・ダゴスティーノの野望は、絶対的な力を求めてMOMENTUMの対極ともいえる大型の超弩級アンプRelentlessへと向かったのでした。

S250MxVは、そのRelentlessの開発で培ったテクノロジーの粋を、MOMENTUMのコンパクトボディーに色濃く投影し、究極的進化を遂げさせるために生まれました。出力パワーはそのままに、新たなデバイスと新たな回路トポロジーの投入によって、電源部、入力回路、ドライバー回路、そして出力ステージのすべてに亘ってその余裕度を大幅にアップさせ、MOMENTUMの威力をさらに盤石なものとすることに成功しました。

モデル名の末尾に付与された<MxV>とは、MOMENTUM(運動量)を示すMass (質量) × Velocity (速度) という物理法則に由来し、

Dan D’Agostinoブランドのアイデンティーとも言えるMOMENTUMの究極の進化を象徴しています。

胸のすくようなS/N感、俊敏かつ強大なドライブ力、動特性のすべてに深みを増したMOMENTUM S250MxV。繊細な音に宿るほのかな温度感から、生命力あふれるダイナミックな音の響きまで、円熟の極みをお聴かせします。

[ 全ステージを刷新強化 ]

電源部、入力回路、ドライバー回路、および出力ステージの全てのセクションが刷新され、それぞれの能力が格段に強化されています。

■電源トランスには新しい巻線パターンを採用。以前と同一のフットプリントサイズにして、以前よりも50%以上電流出力を増大させています。この電流出力の増加は、動的な、瞬間的な音楽信号のピークにも揺らぐことなく余裕をもって対応させることができ、アンプ回路の全体により大きなヘッドルームをもたらします。

■入力ステージには、まったく新しい回路トポロジーが導入され、フロントエンドに電力を供給するバイポーラトランジスタに、これまでの10倍の電流と電力を供給できる新たなデバイスを投入。より広い帯域幅と、より低い歪率特性を実現しています。

■最終段のSEPPパワーステージには、Relentlessに搭載されたバイポーラ・パワートランジスタを新採用。方チャンネル当たりNPN/PNPを7ペア計14個で構成し、超ハイスピード動作によって、超広帯域のフラットな特性を得ています。各トランジスタのベースに結合されるコンデンサ/抵抗ネットワークには、超高周波数にも、低インピーダンスのスピーカー負荷にも高い安定性が保たれる特製品を採用。それは、圧倒的な俊敏性と超広帯域特性をパワーステージに与え、音楽のジャンルを問わず、より豊かでダイナミックなプレゼンテーションをもたらします。

また、新たなバイアス安定化回路は、MOMENTUM伝統の銅のヒートシンクとの相乗効果によって、動作バイアスをほぼ50%増加させながらも過度の温度上昇を防ぎ、クラスAの動作領域を拡張。あらゆるレベルでより高い透明感を音に与えます。

[ MOMENTUMの伝統、銅のヒートシンクとアルミブロック削り出しシャーシー ]

一連のMOMENTUMと同様に、S250MxVは、銅のヒートシンクとアルミブロック削り出しシャーシーで筐体を構成しています。
筐体の左右にはアルミに比べて1.7倍もの熱伝導率を有する分厚い銅ブロックのヒートシンクを配置。縦に貫き整然と並ぶ放熱穴は、上下の開口部に対して中央部を一段細く絞り込んだ「ベンチュリ」構造によって、穴を吹き抜ける空気の流れが加速され、効率よく熱を放出し冷却します。
シャーシーは、無垢のアルミ・ビレッドからの切削機械加工品。非共振性に優れ、RFI(高周波障害)やEMI(電磁干渉)からの驚異的なシールド性能をもたらします。

[ MOMENTUMの系譜を支える銅のヒートシンク ]

MOMENTUM S250の左右に位置するヒートシンクには、S200と同様、一般常識的に使われるアルミに替えて、パワーアンプの出力デバイスの放熱用としては初となる「銅」を採用。アルミに比べて1.7倍もの熱伝導率を有する銅のヒートシンクが出力デバイスの熱を素早く吸収します。また、その冷却機構には、一般的に多く見かけるフィン形状に替えて「ベンチュリ」構造を採用。分厚い銅のヒートシンクブロックを縦に貫き整然と並ぶ放熱穴は上下の開口部19mmに対して中央部を12mmと絞り込むことで、流体力学におけるベンチュリ効果を発生させ、下から上に穴を吹き抜ける空気の流れを加速。極めて効率よく熱を放出し冷却します。MOMENTUM M400の小型化を支える重要なファクターです。

[ 厳選パーツによるディスクリート回路構成 ]

増幅回路はすべてディスクリートで組まれ、トランジスタ、抵抗、キャパシターなどの厳選した高品位部品をスルーホール基板にマウントしています。使用するすべての抵抗は、1%誤差の高品位金属皮膜ユニット。アンプ回路は入力から出力まで全段DC結合。信号経路へのキャパシターの挿入は一切ありません。

[ 厳格なビルド・クォリティー ]

アメリカ・アリゾナ州、ダゴスティーノの自社工場で、技術者と熟練した職人のチームによってMOMENTUM S250MxVは手造りされ厳格なテストが行われます。

暖かな輝きを放つ銅のヒートシンク、ブレゲの時計デザインに通じる精緻なメーター、一切のネジを露出させない巧妙なコンストラクション。Dan D’Agostinoの象徴とも言えるMOMENTUMデザインの筐体に、最先端のテクノロジーを投入して生まれ変わったS250MxVの、さらに深みを増した超絶無二の音の真価を改めて世に問う最新鋭機の誕生です。

[ MxVパフォーマンスへのアップグレード ]

Momentum S250MxVは、従来モデルと同じシャーシーを使用しています。従って、すべての世代のMomentumステレオアンプは、Momentum MxVパフォーマンスレベルにアップグレードが可能です。アップグレードは元の筐体を残してすべての内部パーツの置き換えによって行われ、最新のMxVと同一の仕様・性能を獲得します。

●MxVアップグレードサービスのご案内

※上の写真はアンプスタンド(オプション)を装着しています。

dago-momentum-stereo_blk_rear

[ Specifications ]

●パワー: 250W@8Ω / 500W@4Ω/ 1000W@2Ω
●周波数応答: 1 Hz - 200 kHz, -1dB / 20Hz - 20kHz, ±0.1 dB
●歪率(250W@8Ω): 0.1% @1kHz
●S/N: 105dB、un-weighted
●ゲイン: 26.5dB
●入力インピーダンス: 1MΩ
●入力端子: バランスXLR x1
●出力インピーダンス: 0.12Ω
●出力端子: 高品位バインディングポスト
●電源:100VAC 50 / 60Hz
●消費電力:0.5W(スタンバイ時), 65W(アイドル時), 430W(1/3出力時), 690W(最大出力時)
●外形寸法: 318W x 133H x 546D (mm)
●重量: 43kg
●外装カラーフィニッシュ: シルバー or ブラック
※仕様は予告なく変更される場合があります。
※写真はアンプスタンド(オプション)を装着しています。

パワーアンプ(ステレオ)

MOMENTUM S250MxV

Ayon
Ayre
bergmann
Dan D’Agostino
EXOGAL
finite elemente
FM ACOUSTICS
FYNE AUDIO
GRANDINOTE
lumen white
MSB TECHNOLOGY
TRANSPARENT