EXOGAL

Eagan,MN,USA

2013年スタートの最もホットなアメリカのデジタルオーディオ機器メーカー。かつてワディアのメイン・エンジニアとして、一世を風靡した往年の名器Wadia27,Wadia9など多くの優れたDACを設計したJim Kinne(ジム・キニー)氏がチーフ・テクノロジー・オフィサーを努め、DSPに秀でたJan Larsen(ジャン・ラーセン)氏とともに設計に携わっています。最先端のデジタル技術を駆使した極めてリーズナブルなコストの高音質ハイエンドデジタルオーディオ機器の開発を目指し、2014年、第一弾となるUSA生産による”Comet Computer DAC”をリリース。最新のハイレゾ・デジタルオーディオ・ファーマットの殆どに完全対応する高品位D/Aコンバーターとして音楽的リアリティーの格段に優れた高音質を実現しています。以後、デジタルコントローラーなど、斬新な企画も予定され多くの期待を集めています。因みに、”EXOGAL”とは、EXO(外)と、GAL=GALAXY(銀河)を組み合わせた造語。”銀河の彼方、遥かなる存在”をイメージしたブランド名です。

FM ACOUSTICS
TRANSPARENT
Ayre
finite elemente
Wilson Audio
Dan D’Agostino
MSB TECHNOLOGY
EXOGAL
bergmann
lumen white
Ayon