DAC IV Series

DAC IV Series

D/Aコンバーター

[ Series ]

Diamond DAC IV Plus

デジタルオーディオにおける最先端・最高峰技術を一切の制限無しで完全集積、MSBテクノロジー、フラッグシップD/Aコンバーター Diamond DAC IV plus

MSBテクノロジーは、早くも90年代初頭から一味違うマニアライクなCDプレーヤーやDACを手掛けて以来、常に時代を先取りする製品開発を進めてきました。今でこそ当たり前のように受け入れられている24bit96K対応のDACも、98年には世界に先駆けてリリース、そして2000年代後半には、USBを含むすべての入力で384kHz対応を果たすディスクリート・サインマグニチュード・マルチビット DAC を製品化するなど、デジタルオーディオの可能性をさらに拡げるための最先端技術への飽くなき挑戦が続けられています。音楽とその再生にかける情熱と感性、再生品位に関わる現象とプロセスを読み解き解決に導く科学的分析力のすべてを一体化させた、的確な、そして先進の技術力が、そこに投影されています。
Diamond DAC IV plusは、そうしたMSBテクノロジーの技術の集大成であり、そしてまた、現代DACのリファレンスとして最高峰に位置するために、新たなDSPコードとDACモジュールの開発、最新の超低ジッタークロックの搭載をはじめシールド構造を含めたコンストラクションの全面強化など、すべての制約と妥協を排して造り上げた MSB 渾身のフラッグシップ機です。

そのメカニカル・アーキテクチャーは、PlatinumやSignatureといった他のDAC IV plusと同じように、いくつかのファンクションはモジュラー構成とされ、必要な機能をカスタマイズすることができるフレキシビリティーをも持っています。
以下、各セクションについてご案内します。

 

[ 究極のマルチビットDAC ]

MSB は DAC 方式として当初からラダータイプのマルチビット・スタイルに拘り続けています。それは、量子化されたデジタル・オーディオ信号の各レベルに対してストレートにアナログ変換セグメントを呼応させるため、⊿∑変調やノイズシェービングなど余分な信号処理を必要としない最も根源的で的確なDAC方式であるためです。しかもDiamond DACIVplusには、そのラダータイプ・マルチビット方式の最進化形、ディスクリート・サインマグニチュード26bit ディスクリート DAC モジュールを片チャンネル当たり 2個※、計4個を搭載。マルチビットで発生しやすい全ビット列の1 と 0 が反転する際のゼロクロス歪みを根源的に回避すると同時にSignature DAC IV plusの倍に相当する分解能、マルチビットにおける究極とも言える「真」の 27bit レゾルーションを達成しています。(※25bitDACx2を1モジュールとした26bitDACx2)
また、その出力は、一般的なマルチビットDACが電流出力を I/V 変換し、DC コレクション回路とアナログフィルターなどの補償回路を経由して出力するのに対して、
Diamond DAC IV plusはディスクリート・ロジック/抵抗素子を DAC モジュール内に搭載することで補償回路なしでダイレクトに電圧出力します。24bit ダイナミックレン
ジを完全にカバーする 160dB の S/N と、実に 1,000V/μsec を上回るハイ・スルーレートによる高純度のハイパワー能力を獲得しています。

 

[ 超高速DSP信号処理 ]

・デジタル信号処理には、超高速80bit演算能力のSharcDSPを二基配備しています。
このDSPによって入力デジタル信号は384kHz32bitのアップサンプリング処理と、MSB独自の32倍32bit精度のシングルステージ構成によるアドバンスド・オーバーサンプリング・デジタルフィルターリングが行なわれます。
※アップサンプリング機能はON/OFF可能。アップサンプリングは、オリジナルサンプルポイントを正確に保持する整数倍同期方式。44.1, 88.2, 176.4 は352.8 kHz/32bitsに、48, 96, 192は384 kHz /32bitsにそれぞれアップサンプリングされます。

・リ・クロッキング機能: MSBのPRO I2S インターフェースを使用すれば、DACからトランスポートにマスタークロックを供給し、それに同期して D/A 変換を行なうため極めて精確で低ジッターとなりますが、それ以外の場合にも同じように精度を高く保つため、入力信号にはリ・クロッキングをかけることが可能です。リ・クロッキングとは、入力データを一度バッファーし、データのみを DAC の高精度マスタークロックに同期処理する方法です。これによって、DAC の低ジッター性能が最大限に生かせます。
※リ・クロッキングはON/OFF可能。バッファーはFIFO メモリー回路のため約0.5秒の遅延が生じます。音楽ソースでは問題にはなりませんが、映画などでリップシンク調整が執り切れない場合には、この機能を OFFにできます。

 

[ 超低ジッター・クロック ]

TiberiumCry_BlackBackImg_whそして、これらを制御するマスタークロックには、あらゆる DAC クロックの常識を決定的に上回る、極限の精度単位Femto sec.(フェムト秒)にまでジッター値を極小化したMSB独自のモジュールを採用。
これまで、DACクロックのジッター値はpicosec.(ピコ秒)の単位で取り沙汰されていたのに対し、その1,000分の1、絶対値では10の-15乗(1,000兆分の1)というFemto sec.(フェムト秒)の単位にまでジッターを減少させることに成功したのです。
ジッターとは、クロック信号の微細な揺らぎ、つまり時間軸での不安程度を示す時間量です。クロックが僅かでも揺れると、それはD/A変換の時々のタイミングを微妙に変化させるため、復調されるアナログ信号に非高調波歪みを加えるという直接的な影響を与えます。その歪みは、周波数が高くなるほど、また信号レベルが小さいほど顕著に現れます。それがごく僅かであったとしても非高調波歪みは自然界には存在しないため、アナログ音楽信号のハーモニクスと音場情報を不自然にゆがめます。場合によってはデジタル特有の「ハーシュ」な響きで不快感を煽ります。
MSB_DiamondDAC-IVplus_detail_img_7一方、クロック周波数精度とジッター値とは別物であることも理解しなくてはな
りません。精度の優秀さをいくら ppm 単位で誇ってもジッター値が良くなけれ
ば正確なD/A変換は望めないのです。また、クロック単体としての精度が幾ら
良くても DAC との物理的距離が長くなれば、その伝送路でジッターは悪化し
ます。
MSB は、同一筐体内の DAC に対する最短距離となる位置に高精度低ジッタ
ーのマスタークロックを配置することで本来のその性能を遺憾なく発揮させて
います。

MSB_DiamondDAC-IVplus_detail_img_8[1]< Femto140 Clock> ※標準装備

Diamond DAC IV plusに標準搭載されているのは、< Femto140 Clock >。
そのジツター値は実に140 Femtosec.(0.140Picosec.)を誇ります。

< Femtosecond Galaxy Clock> ※オプション装備

また、この標準搭載のクロックは、さらに低ジッター値 77 Femto sec.(0.077 Pico sec.)を実現する < Femtosecond Galaxy Clock> へのアップグレード搭載も可能としています。

 

[ 部品/コンストラクション ]

・高信頼性基板の採用: Diamond DAC IV plusに使用されているサーキットボードには、低誘電の特殊なコーティング処理がなされています。湿度や荷電による回路への悪影響をシャットアウトし、振動からも防御する高耐久性ボードです。
・高精度抵抗体: 回路全般に、振動の影響を極めて受けにくい抗マイクロフォニック性の航空宇宙機器に使用される1%精度プレシジョン抵抗を使用。安定性に富み高いS/N を実現しています。
・巧妙なシールド対策: 回路のS/Nが良くなればなるほど環境からの磁気や温度の影響に敏感になります。Diamond DAC IV plusに搭載されたモジュールのハウジング自体にはスチールの100倍の防滋能力を持つニッケルアロイを採用。また、その同一素材は、クロック上部など主要回路、そしてパワーサプライにも配備。一台一台の僅かな違いに呼応して最も効果的な場所と素材のサイズをカスタマイズするという入念さで、電磁ノイズの影響を 10~15dB も改善しています。
・ヒートパイプによる温度対策: DAC モジュールにはヒートパイプが取り付けられ、ヒートシンクに結合。DAC 心臓部を常に一定の温度に保つサーマル・マネージメント機能を持たせ、DAC動作の安定性を高めています。

 

MSB_DiamondDAC-IVplus_detail_img_9

 

[ デジタルインプット ]

・標準装備: Coaxial(RCA&BNC), Toslink, AES/EBU, MSB PRO I2S
・オプション装備:USB(384kHzUSB2)

※MSB独自の高精度PROI2Sインターフェースとは:
MSBトランスポートとMSB DAC間を CAT6LANケーブルで接続。トランスポートから DAC にデータ信号とビットクロック、ワードクロックをシリアルバス・データで送り、DAC からは高精度マスタークロックを送ってトランスポートを完全同期させる超低ジッター方式です。また、相互のグランドをフローティングし、ノイズの影響をシャットアウトしています。

 

diamond-dac-figure

 

MSB_DiamondDAC-IVplus_detail_img_12

 

[ 最大許容デジタル入力レート ]

・DSD(DoP フォーマット): 64倍(2.8224MHz),128倍(5.6448MHz)
・マルチビット: 384kHz.24bit(全デジタル入力),384kHz,32bit(PRO I2S入力)

 

[ アナログインプット ]

XLR端子によるバランス・アナログ入力を装備。スループットしプリアンプに送ることができます。
また、オプションのボリュームコントロール・プリ機能を搭載すれば、DAC 出力のみならずアナログ入力に対してもボリュームコントロールが機能し、外部プリアンプなしでショートシグナルパスの高音質コントロールセンター(プリアンプ)としてご使用になれます。

 MSB_DiamondDAC-IVplus_detail_img_13

MSB_DiamondDAC-IVplus_detail_img_15

 

[ ボリュームコントロール・プリ機能 ] ※オプション装備

パッシブアッテネーターとシングル OP-AMP 構成による極めてシンプルなボリューム調整機構を搭載可能です。一般的なプリアンプを経由するよりも最短の信号処理によってボリューム調整が可能となりますので、音楽信号のクォリティーを最大限に保ち、ダイレクトにパワーアンプへ送ることができます。ボリューム調整範囲は、+9dB~-69dB。ステップ゛はメニュー設定によって 1dB, 0.5dB, 0.25dBの切替が可能です。また、0dB位置では完全にこの回路をバイパスすることができます。

 

[POWER SUPPLY]

MSB_DiamondDAC-IVplus_detail_img_16Diamond DAC IV plus本体と同サイズにして、本体下部にバランスよく配置することのできる専用セパレート電源です。整流・定電圧回路は、もちろんアナログ・リニア構成とし、整流素子には超高速シリコン・カーバイド・ショットキー・ダイオードを採用。真空管動作に近いこの素子は、高効率で大電流を安定して取り出せると同時に、ターンオン/オフの瞬時性に優れ、一般の整流素子につきもののオフ時のリカバリー逆電流の発生とそれに起因するノイズを大幅に低減させています。6 個
のトロイダルトランスを搭載し、アナログ回路用にプラスとマイナス、デジタル回路とクロック回路専用に独立させた極めて精緻で超低ノイズを実現するパワーサプライです。
また、DAC用とは別にトランスポート駆動用として12VDC出力も装備し、DACとトランスポート双方に電源供給を行なうことが可能です。
※標準はパワースイッチがリアパネルに装備。特注オプション設定でリモコン可能なON/OFFスイッチを装備することもできます。
また、DAC 本体には、セパレート電源とは別に各回路に対しローカルレギュレーターが装備され更に低ノイズ化と安定性を獲得しています。

リモコン

リモコン

MSB_DiamondDAC-IVplus_detail_img_17

 

入力: 標準装備;BNC,RCA, Toslink,AES/EBU, MSB PRO I2S(32bit), Analoginput(XLR;600ohms)
※オプション装備; USB(384kHzUSB2)
許容デジタル入力: 44.1,48, 88.2,96,176.4,192,352.8,384(kHz) (各24ビットまで※PRO I2Sは32ビットまで)
DSD 64x,128x
アナログ出力レベル: 2.62V rms(RAC),5.23V rms(XLR) ※0dBポジション
出力インピーダンス: 50Ω
ボリュームコントロール(※オプション装備): +9dB~-69dB(ステップ1dB/0.5dB/0.25dBの三通りに切替可能)
アナログXLR出力極性: Pin 1= Ground, Pin 2=Hot,Pin 3=cold
スルーレート: >1000V/μs
セットリングタイム:: <90ns
コントロールフィーチャー: リモート, ディスプレー照度, 位相反転, 384 kHzアップサンプリング, ボリュームレベル制限, 入力セレクション, フィルター選択, ビットパーフェクトテスト
電源: 100V AC, 50/60Hz
消費電力: 60W
外形寸法: 本体/電源各: 441Wx 60Hx 325D (mm)
重量: 本体: 7.5kg, 電源: 9kg
■MSB DACのUSBでの対応OSとドライバー情報
 対応OS:Windows XP/VISTA/7/8  ((専用ドライバーのインストールが必要です。
      Macintosh OS X version 10.6.4. (Snow Leopard)以降 (ドライバー・インストールは不要です)

※いずれもDSD再生の場合は、ウィンドウズではfoobar2000など、マックではAudirvana plusなど、DSD再生に対応したプレーヤーソフトが必要です。各種設定はプレーヤーソフトのマニュアルに準じてください。

Signature DAC IV Plus

25bit・4 xディスクリートラダーDAC, 384kHzx32bitアップサンプリング標準装備

[販売終了]

Platinum DAC IV Plus

24bit・4 x2ndGenerationディスクリートラダーDAC, 384kHzx32bitアップサンプリング(オプション)

[販売終了]

Ayon
Ayre
bergmann
Dan D’Agostino
EXOGAL
finite elemente
FM ACOUSTICS
FYNE AUDIO
GRANDINOTE
lumen white
MSB TECHNOLOGY
TRANSPARENT