Signature Data CD V

Signature Data CD V

CDトランスポート

MSBテクノロジー
シグネチャー・データCD V

 

先進のD/Aコンバーターをはじめとするハイクォリティーなプロダクツでハイエンド・デジタルオーディオ界を牽引するMSBテクノロジーは、デジタルディスク・プレーヤーの領域でも、他と一線を画する革新的な開発を続けてきました。デジタルオーディオ黎明期の90年代初頭には、極めてマニアライクなCDプレーヤーを発端に、世界初のAC3プレーヤー、THX認証のレーザーディスク・プレーヤーなどを相次いで発表。次いで、SACDネイティブデータの送り出しをも可能とするXPORTアップグレードモジュールやiPodからダイレクトにデジタル信号を引き出すiLinkを2007年にリリース。そして2010年、32bit384kHzにまで対応する初めてのPCMディスクプレーヤー ”Platinum Data CD IV” を生み出しました。それは、通常のCD 、CD-ROMは勿論のこと、リファレンスレコーディングのHRxなどハイレゾDVD-ROMにも対応し、高精度SATA-ROMドライブメカによってピックアップされたハイレゾPCM音楽データをソリッドステートメモリーで再整列させて送り出し、ジッターフリーでビットパーフェクトなデジタル・ミュージックデータのトランスポーテーションを可能とするものでした。ユニークなそのプロジェクトは、その後、より研ぎ澄まされ、上位播種”Signature Data CD IV”を生み、そして今日、その筐体構造と電源への更なる強化を図ったアップグレードモデル“Signature Data CD V”へと発展を遂げました。

“Signature Data CD V”の再生フォーマットはCD、CD-RとDVD-ROMベースのWAVファイル。
CDの16bit44.1kHzからDVD-ROMディスクに記録された32bit384kHzWAVによるハイレゾ音楽データまでの正確無比な再生、そして四つのデジタル出力端子からの高品位なPCM出力を可能としています。中でも特に、独自のインターフェース”PRO I2S”端子は、MSBのD/Aコンバーターとの連携でマスタークロックの同期を図り、ビットクロック、ワードクロック、データの三つからなるデジタル音楽信号を独立して送り出すI2Sフォーマットによって、かつてない超低ジッターで高精度なデジタル伝送を実現しています。

MSB_SignatureDataCD5_front

上: Signature Data CD V 本体 下: Signature Transport Power Base V

[CD、WAVファイルディスク対応 32bit/384kHzハイレゾルーション]

MSB_SigDataCD-IV_detail_img_2“Signature Data CD V”には、特別にチューニングされた “MSB Signature ROM Drive”を搭載。通常の CD、CD-Rを始め、例えばリファレンスレコーディングの HRxなど DVD-ROMディスクに焼き込んだ 32bit/384kHzまでのハイレゾ音源を極めて高い精度でピックアップします。

[光学系から分離独立させた高精度マスタークロックとメモリーデータによる完璧な信号処理]

ディスクからピックアップされたデジタルデータの信号処理と送り出しは、ドライブメカの光学システム系と駆動系を司るクロックから独立させた高精度アシンクロナス・マスタークロックによって管理されます。 “MSB Signature ROM Drive”はディスクに記録されたビットデータを完全に捉えるまで幾度かのトレースを繰り返しエラーを追放します。そして、そのデータは一旦ソリッドステートメモリーに取り込まれ、光学系から分離独立させた高精度マスタークロックによって再生列させ出力します。メカ動作と光学系クロックの不安定さから解放されて、極めて低ジッターでビットパーフェクトなデータ・トランスポーテーションを可能としているのです。

[デジタル出力]

MSB_SignatureDataCD_Board192kHzまでのサンプルレート対応のToslink以外、全ての端子が24bit384kHzに対応。MSB PRO I2Sでは、実に32bit384kHzまでのハイレゾPCMデータをカバーし、出力します。

MSBテクノロジーは、当時は異端とも目された24 bit 96k対応のDACも、1998年に世界に先駆けてリリース、そして2000年代後半には、USBを含むすべての入力で384kHz対応を果たすディスクリート・サインマグニチュード・マルチビットDACを製品化するなど、デジタルオーディオの可能性をさらに拡げるための最先端技術を培っています。MSBのAnalog DACやDiamond DAC Vを筆頭とする現行のMSB D/Aコンバーターはすべて、MSB PRO I2Sインターフェースの搭載を可能とし、32bit384kHzに完全対応しています。“Signature Data CD V”との組み合わせで、究極的なデジタルディスク再生が望めます。

[セパレート電源構成]

MSB_Transort_DesktopSupply

Desktop Power Supply

ベーシックパワーサプライ/アップグレードパワーサプライの二種類から電源ユニットを選択することが可能です。
・Desktop Power Supply: ベーシックな小型パワーサプライです。
・Signature Transport Power Base V: トランスポート本体と同サイズ。スタックしてバランスよく配置することもできるアップグレードパワーサプライです。4個のトロイダルトランスとアナログ・リニア構成による整流・定電圧回路の搭載によって極めて低ノイズで安定したDCを供給します。

MSB_Power-Base-V-white

Signature Transport Power Base V

 

[MSB独自の PRO I2Sインターフェースとは]

MSB_SigDataCD-IV_detail_img_6MSBトランスポートと MSB DAC間をCAT6LANケーブルで接続。トランスポートから DACにデータ信号とビットクロック、ワードクロックをシリアルバス・データで送り、DACからは高精度マスタークロックを送ってトランスポートを完全同期させ、ハイビット /ハイサンプルレートのデジタル信号の超低ジッターでビットパーフェクトな授受を可能とする優れた方式です。またグランドは、相互にフローティングされ、ノイズの影響からも完全解放しています。

MSB_Pro-I2S-diagram


MSB_SigDataCD-IV_detail_img_9

リモコン

 

[ Specifications ]

●デジタルオーディオ出力: RCA同軸, Toslink, AES/EBU, MSB PRO I2S
●ディスクタイプ: CD, WAV file on DVD(32bit/384kHz)
●ドライブ: MSB Signature CD-ROM Drive
●アナログ出力: 非装備
●電源: 100V AC, 50/60Hz
●消費電力: 30W
●外形寸法: 本体: 441W x 60H x 325D (mm)
●重量:本体: 6kg
●付属: MSBアルミリモコン
●外装カラーフィニッシュ: Matte Black またはMatte White。他にカスタムカラーの特注も可。

※仕様は予告なく変更される場合があります。

CDトランスポート

Signature Data CD V

[ Series ]

Platinum Data CD IV

– Unprecedented performance value CD Player –
・セパレート電源構成(2タイプから選択可)。
・対応ディスク: CD, CDR, WAV files on DVD ROM(up to 32 bit, 384kHz )
・デジタル出力 : <Coaxial>, <Toslink>, <AES/EBU>, <MSB Network ※>

※MSB Networkは従来のMSB DACに搭載されている非クロックリンクのI2Sフォーマットです。
MSB PRO I2Sとの互換性はなく、MSB DACとの連携にはDAC側へのMSB Networkがオプション搭載されていることが必要です。

FM ACOUSTICS
TRANSPARENT
Ayre
finite elemente
Wilson Audio
Dan D’Agostino
MSB TECHNOLOGY
EXOGAL
bergmann
lumen white
Ayon