AUDIO CABLE

AUDIO CABLE

[ トランスペアレント・オーディオケーブルの全てが最新の”GENERATION 5”モデルに刷新  ]Gen5_logo_transparent-G5

[The Link/Wave] [MusicLink/Wave] [PLUS] [SUPER] [ULTRA] [REFRENCE] [REFERENCEXL] [OPUS] そして超弩級フラッグシップ[MAGNUM OPUS]

”GENERATION 5”(以下”GEN 5”)オーディオケーブルは、トランスペアレントの最高峰に位置する新フラッグシップ・ケーブル”MAGNUM OPUS”の開発から得られた最新技術の応用によって、電気的/機械的制振能力とネットワーク精度を飛躍的に高め、オーディオ信号の伝送純度に於けるまさに新境地を切り拓くトランスペアレント渾身の最新シリーズです。
これまでのMM2オーディオケーブルから更にブラッシュアップされた、この“GEN 5”化は、2014年秋に先行リリースされた[ULTRA] [REFERENCE] [REFERENCE XL] の三ランクからスタートし、さらに2015年初頭、[The Link/Wave] [MusicLonk/Wave] [PLUS] [SUPER] [OPUS] に波及。新フラッグシップ[MAGNUM OPUS]を筆頭として、全てのラインナップが刷新されました。

全てそれぞれがインターコネクトケーブル(RCA及びXLR)とスピーカーケーブルを擁し、多様なケーブル長に対応しています。

“GEN 5”シリーズの主な特徴
・極太OFHC導体の複合リッツ線構造、ツイストペア構成
・空気に次ぐ優れたインシュレーション効果を持つ精密成型されたテフロン絶縁体(インターコネクトケーブル)
・屈曲性に優れ高いインシュレーション効果をもつポリプロピレン絶縁体(スピーカーケーブル)
・アルミ箔にドレイン線を配置した強固なシールド(インターコネクトケーブル)
・芯線の位置関係を厳密に保持するためのスペーサー封入とジャケットの圧力成型により、曲げやねじれによる僅かな特性変化をも抑制
・”GEN 5”超精密ケーブルアッセンブリー技術により、導体の物理的安定性をさらに強化。ケーブル自身の圧倒的に高い電気特性の精度を実現
・より精確性を高めた新ネットワーク・デザインモデルに基づく”GEN 5”新ネットワーク
・テクノロジーによりネットワーク性能を大幅に強化
・新採用のアクリルガラス素材の削り出し加工を含む新たなネットワークエンクロージャー・デザインによって、より高いレゾナンス・コントロールとダンピング性能を実現

 [ トランスペアレントのケーブル・ポリシー ]

トランスペアレントは、1980年の創立以来、ケーブルを単なるアクセサリーではなく一個のコンポーネントとして捉え、徹底した科学的分析力と高度な製造技術をもって、その性能を追求してきました。
オーディオケーブルは接続するアンプなどの機器に比べて、その静的電気特性は桁外れに優れているために、並の計測ではケーブルの違いによる特性の差が明らかにされないことが多いにもかかわらず、しかし、その再生音の品位は千差万別となるのが現実です。それは、接続ケーブルが内外から受ける様々な電磁的影響によって音楽信号の伝送動特性が僅かながらでも変化させられるからに他なりません。
音楽再生の品位を決定付ける主な三つの要素は、トーナルバランス、ダイナミックレンジ、スペース感です。トーナルバランスとは基音と倍音のバランスに於ける正確性。ダイナミックレンジは極微小な音から壮大な音までのスケールのリアリティー。
そして、スペース感は空間に散りばめられる反響の自然な豊かさを意味します。

そうした三つの要素が優れているほど再生される音楽の感動はより深いものとなります。
接続ケーブルへの電磁的影響は伝送動特性を変化させてしまい、再生品位に大きく関わるそれらの要素を歪める結果となります。電磁的影響による動特性の変化とは何か? それは、一つには、ケーブルそれ自身が僅かとは言え実はインダクティブ(L)やキャパシタンス(C)、レジスタンス(R)を有する電気的コンポーネントであり、共振を伴った特異な音のキャラクターを生じせしめるということ。もう一つは、環境に飛び交う高周波(RF)電磁ノイズの混入でS/Nを悪化させるものです。
トランスペアレントは、ケーブル導体や絶縁体の素材と構造を徹底解析し、ノイズの混入を抑止する優れたシールド構造を高度な製造技術で実現。ラインケーブルの絶縁素材には空気に次ぐ優れたインシュレーション効果を持つ精密成型されたテフロンを採用。二重構造のアルミ箔にドレイン線を配置した強固なシールド処理が施されています。また、スピーカーケーブルには屈曲性に優れ高いインシュレーション効果を持つポリプロピレンを登用。
そして、より高いノイズキャンセリング効果を求めて、ケーブル自身のL/C/R共振の低減効果を併せ持つ巧妙に設計された独自のRFフィルターリング・ネットワークを搭載しています。極めて正攻法的とも言えるこうした手法で、トランスペアレントはコンポーネントとしてのオーディオケーブルの性能を高め、純粋伝送能力を最大限に引き出します。

[ ケーブルを構成する素材と構造 ]

トランスペアレント・ケーブルの素材/構造はランクによって導体ゲージの違いや構造の緻密さに差はあるものの、インターコネクト/スピーカー・ケーブル共に、その基本的な構成は一貫しています。Gen5)_transparent_cable-1

・導体構成: 導体にはトランスペアレント独自の緻密な複合リッツ線構造を採用しています。リッツ構造の最小単位としての一本は、極めてニュートラルな伝送特性をもつ複数のOFHC(長結晶無酸素銅) をテフロンなどのコアを中心として撚り合わせて絶縁体で包んだ中空構造。それを更に複数本束ねて隙間に絶縁物を充填して撚り合わせ、ジャケットに収めたものが+/-の片側を受け持つ極太リッツ線導体となります。Gen5)_transparent_cable-2
たいへん手間のかかる緻密な構造ですが、これによって表
面積と集積密度との理想的なバランスが保たれ、オーディオ帯域の伝送特性を極限まで

向上させています。

・ツイストペア構成: その一本の導体はもう一本の同一構成の導体と撚り合わせて、+/-のツイストペアを構成します。ツイストペア構成はコモンモード・ノイズリダクション効果に優れ、トランスペアレントのケーブルを特徴付けるネットワークの効用をより高めます。また、ジャケットと導体の隙間には太さの異なる絶縁体を巧妙に充填配備することで、Gen5)_transparent_cable-tw引き回しでの曲がりなど実使用状態でも線間隔と撚り密度の変化を起こさず、電気的特性は常に一定に保たれています。

・ターミネーション: 端末のアッセンブリーにもトランスペアレント伝統の熟練したターミネーション技術が生きています。RCA端子とスペードラグには、テルリウム銅+金メッキの接続端子をはじめとする驚異的な低接触抵抗素材を用い、さらに非磁性体のコネクターカバーを装備し優れた電気的特性を得ています。また、アッセンブリーの全工過程で、含有率2%の銀入りハンダをプリヒートさせた芯線にすばやく融解させ余分な熱を加えない熱制御手法による半田付け工程を採るなど、端末部での伝送特性の純度を高めるあらゆる配慮がなされています。

 [ “GEN 5”シリーズの新技術 ]

  • 超精密ケーブルアッセンブリー技術
  • 最新ネットワーク・テクノロジー
  • ネットワーク・エンクロージャーの新技術

一新された、”GEN 5”シリーズでは、”MAGNUM OPUS”の開発から生まれた最新テクノロジーの応用によって、そうしたこれまでのトランスペアレント伝統の技にさらに磨きがかけられています。
・超精密ケーブルアッセンブリー技術:
トランスペアレントのケーブル構造は前述の如く非常に手の込んだ複雑で緻密な設計で、目標値の達成には製造工程に於ける熟練した高い工作技術が求められます。完成までの主な工程は多いもので24ステップにも上り、”GEN 5”オーディオケーブルでは、それぞれの工程はこれまでのMM2シリーズよりも遥かに時間を掛けたゆっくりとしたスピードで進めます。リッツ線の撚り合わせ、絶縁外皮の装着、絶縁体の押し出し、導体のツイスト、外皮への充填など、すべての工程での注意深く慎重な、時間を掛けた作業は非常に生産効率の悪いものですが、しかし、それによって設計目標に極限にまで迫ることが可能となり、ケーブル自身が潜在的に持つインダクタンス/キャパシタンス成分やツイストペアによるノイズブロック特性など電気的性能の極めて高い正確性を実現します。ネットワークとの連携精度に於いてより高いレベルを達成する”GEN 5”ケーブルの、重要な技術ファクターのひとつです。

・ネットワーク・テクノロジー:
トランスペアレント・オーディオケーブルはツイストペア構成と厳格なシールド構造によってコモンモードとディファレンシャルモード双方の電磁ノイズをケーブル自身がブロックする高い能力を持っていますが、その性能を更に高めるため、独自のRFフィルターリング・ネットワークを搭載しています。フィルターは100kHz以上の帯域に於いてスロー・ロールオフ特性で作用し、オーディオ帯域のタイムドメイン特性や周波数特性には一切影響を与えません。また、ケーブルはそれ自身が微小であってもL/C/R成分を潜在的に含む電気回路でもあり、その副作用は可聴周波数帯域内で特に耳につきやすい数kHzで共振を励起し音色に影響を与えます。トランスペアレントのネットワークはその共振点を超低域に追いやり音色バランスの劣化を防ぐ効果も併せ持ちます。しかし、そうした優れたネットワークであっても、その設計値はケーブル単体では完結しません。実際には接続した機器のインピーダンスなども作用するからです。設計値を決定付けるためにトランスペアレントは様々なプリアンプやパワーアンプと合わせて、何千時間ものヒアリングチェックと何千通りもの測定を繰り返し、ネットワークのデザインモデルを作ります。そうしたデザインモデルとケーブル長との相関でネットワーク定数が正確に定められるのです。”GEN 5”では、”MAGNUM OPUS”で更にパフォーマンスを高めた新たなデザインモデルが採用され、ネットワークの精度と性能はこれまでの数倍にまで高められています。

・ネットワーク・エンクロージャーの新技術:
ネットワークの精度は、しかし、静的な環境でのみ維持されるのでは実用になりません。信号伝送時の電気的振動、空気や床などからの機械的振動など、あらゆる振動がネットワークに悪影響を及ぼすことを考慮しなくてはなりません。その影響はネットワーク精度がクリティカルなほど機敏に作用します。”GEN 5”のネットワークを収容するエンクロージャーには、モールドABSや、ULTRAからREFERENCE XLに至るモデルに採用されたpoly methyl methacrylate(ポリメタクリル酸メチル樹脂;別名アクリルガラス)の削り出し加工品、さらにはOPUS,MAGNUM OPUSでのカーボンファイバーなど高硬度の素材が用いられ、それ自身が極めて共振しにくく外からの振動を防ぐ能力に長けています。また、エンクロージャー内部には重量級のエポキシ・レジンが注入されネットワークパーツを確実に固定。空気振動を受けにくく計算された外形デザインとも相まって絶大な制振効果をもたらしています。

“GEN 5”シリーズは、極めて正統的な確固たるポリシーで高品位なオーディオケーブルを造り上げてきたトランスペアレントの30数年来に及ぶ伝統的な製造手法に加え、幾多のこうした新技術の融合によって、レゾナンス・コントロール/ダンピング能力は大幅に強化され、導体とネットワークの圧倒的なアップグレードが達成されています。ノイズフィルターリング能力はさらに引き上げられ、伝送信号の純度はより高められています。音楽信号のより微細な情報の再現力、極めて広い周波数帯域でのトランスペアレンシー、広大なダイナミックレンジなど、”GEN 5”シリーズは、音楽的リアリズムに関わるあらゆるパフォーマンスと価値に於いて全く新しいレベルを提供いたします。

 

AUDIO CABLE Lineup

価格表

The Link / The Wave

– “Gen 5″シリーズ・エントリーモデル –
シンプルな撚り線導体構造とフィルターネットワーク構成の高品位ケーブル。
強固な撚り線のツイストペア構成による導体/絶縁体と高度なネットワークフィルターという優れた技術のエッセンスを”Gen 5″テクノロジーでブラッシュアップ。これまでの MM2 モデルよりさらに高いノイズ抑制効果とクリアな伝送能⼒を誇ります。

価格表

MusicLink / MusicWave

– “Gen 5″シリーズ・新ベーシックモデル –
トランスペアレントのケーブル・デザインを確立した伝統的モデルがリファインされました。
中心に非導電性のコアを持つ強固な撚り線のツイストペア構成による導体/絶縁体と高度なネットワークフィルターという優れた技術のエッセンスを”Gen 5″テクノロジーでブラッシュアップ。
これまでのMM2モデルよりさらに高いノイズ抑制効果とクリアな伝送能力を誇ります。
・OFHC導体:INTRCONNECT:18AWG, SPEAKER:10AWG ・アルミ箔シールド(Interconnect) ・モールドABSネットワークモジュール

価格表

PLUS

– “Gen 5″シリーズ・新プレミアムモデル –
中心に非導電性のコアを持つ強固な撚り線のツイストペア構成による導体/絶縁体とLINKよりさらに高度なフィルターによるノイズ抑制効果の高いネットワークを搭載し、より大きな低域エネルギーの供給能力を実現。
・OFHC導体:INTERCONNECT:16AWG, SPEAKER:10AWG ・アルミ箔シールド(Interconnect) ・モールドABSネットワークモジュール

価格表

SUPER

– “Gen 5″シリーズ・新プレミアム・アッパーモデル –
中心に非導電性のコアを持つ強固な導体撚り線構造。テフロン・インシュレーションも大小二種類を組み合わせ円精度を高めています。スピーカーケーブルではそれを複数束ねています。PLUSよりさらに一回り大きく精度の高いネットワークを装備し、その大電流能力によって低域コントロールとローレベルのレゾリューションを強化しています。
・OFHC導体:INTERCONNECT:16AWG, SPEAKER:10AWG ・アルミ箔シールド(Interconnect) ・モールドABSネットワークモジュール

価格表

ULTRA

”GENERATION 5”ウルトラモデル
Superと同等の線材/構造に加えて、”Gen5”テクノロジーによる超高精度なネットワーク・パーツを採用。より高いノイズリダクション効果とより制御されたパスバンド周波数特性をもち、高いレゾリューションでオーディオ信号を伝送します。
・OFHC導体:INTERCONNECT:16AWG, SPEAKER:10AWG ・アルミ箔シールド(Interconnect) ・poly methyl methacrylate(ポリメタクリル酸メチル樹脂;別名アクリルガラス)ネットワークモジュール

価格表

REFERENCE

”GENERATION 5”リファレンスモデル
ULTRAと同等の線材/構造の上に、”Gen5”テクノロジーによるカッティング、トリミング、ソルダーリングやポジショニングといったあらゆる工程における精度を極めたケーブルです。RCA端子とスペードラグには驚異的な低接触抵抗のテルリウム銅+金メッキの端子を採用。GEN 5 <REFERENCE>は、接続コンポーネントとのインピーダンス整合をより高めるため、ハイインピーダンス(HI Z)タイプとローインピーダンス(LO Z)タイプをご指定いただけます。(※Hi Zタイプ:INTERCONNECT CABLE=出力インピーダンス100Ω以上のプリアンプに最適, SPEAKER CABLE=出力インピーダンス0.25Ω以上のパワーアンプに最適。/ Lo Zタイプ: INTERCONNECT=出力インピーダンス100Ω未満のプリアンプに最適, SPEAKER CABLE=出力インピーダンス0.25Ω未満のパワーアンプに最適。)
・OFHC導体:INTERCONNECT:16AWG, SPEAKER:10AWG ・アルミ箔シールド(Interconnect) ・poly methyl methacrylate(ポリメタクリル酸メチル樹脂;別名アクリルガラス)ネットワークモジュール

価格表

REFERENCE XL

”GENERATION 5”リファレンスXLモデル
カッティング、トリミング、ソルダーリングやポジショニングといったあらゆる工程における精度を極めたケーブルです。特にReference XLでは、Refrerenceクラスを一段上回る物理的精度を追求し、ケーブルを規定する電気的特性の理想値に対する0.01%以内の値を達成しています。RCA端子とスペードラグには驚異的な低接触抵抗のテルリウム銅+金メッキの端子を採用。その性能はもはや従来の上位モデルであったReference MM2をも凌駕するもので、両クラスはこの”GEN 5” REFERENCE XLに一本化されました。”GEN 5” REFERENCE XLは、接続コンポーネントとのインピーダンス整合を究極的に高めるため、受注生産により一品ずつネットワークのカスタム較正を行ないます。
・OFHC導体:INTERCONNECT:16AWG, SPEAKER:10AWG ・アルミ箔シールド(Interconnect) ・poly methyl methacrylate(ポリメタクリル酸メチル樹脂;別名アクリルガラス)ネットワークモジュール

価格表

OPUS

– “Gen 5″シリーズ・新OPUS –
極太リッツ線構造、超高精度ネットワーク、カーボンハウジングなど、ケーブル/ネットワーク・トポロジーとダンピング/サスペンションにおける最新ケーブル技術を極限まで追求した別格ケーブルが”Gen 5″テクノロジーで更に進化。
・OFHC導体:INTERCONNECT:16AWG, SPEAKER:9AWG ・アルミ箔シールド(Interconnect) ・カーボンファイバーネットワークモジュール
※GENERATION 5 <OPUS>は、接続コンポーネントとのインピーダンス整合を究極的に高めるため受注生産により一品ずつネットワークのカスタム較正を行ないます。
・OFHC導体:INTERCONNECT:16AWG, SPEAKER:9AWG ・アルミ箔シールド(Interconnect) ・poly methyl methacrylate(ポリメタクリル酸メチル樹脂;別名アクリルガラス)ネットワークモジュール

価格表

MAGNUM OPUS

トランスペアレント 新フラッグシップ・オーディオケーブル”マグナム・オーパス”

トランスペアレント・オーディオケーブルの最高峰に冠された称号”OPUS”。
それは、ミレニアムの年、西暦2000年の登場後、およそ8年の歳月を経て”OPUS MM2”に発展。
そして、今また、更に重ねた幾年もの研鑽の末、2014年、遂にそれは、”MAGNUM OPUS”となって究極的進化を遂げました。1980年から脈々と続いてきたトランスペアレントの歴史を燦然と彩る第五世代のフラッグシップモデルとして、”MAGNUM OPUS”は、ケーブル構造、製造技術、ネットワーク精度など、あらゆるレベルでのパフォーマンスの頂点に君臨します。
その偉大なる純粋音楽信号伝送能力がもたらす絶妙なるリアリティーは、音楽に浸るひと時に、えも言えぬ深い悦びをリスナーにもたらすことでしょう。
・OFHC導体:INTERCONNECT:16AWG, SPEAKER:9AWG超 ・アルミ箔シールド(Interconnect) ・poly methyl methacrylate(ポリメタクリル酸メチル樹脂;別名アクリルガラス)ネットワークモジュール

FM ACOUSTICS
TRANSPARENT
Ayre
finite elemente
Wilson Audio
Dan D’Agostino
MSB TECHNOLOGY
EXOGAL
bergmann
lumen white
Ayon