POWER CORD

POWER CORD

パワーロス皆無の厳格な並列フィルター回路によるネットワーク・モジュールを搭載(HPPCを除く)。

”GENERATION 5”シリーズの開発成果を反映したフラッグシップモデル、”OPUS” Power Cordを始め、そのテクノロジーをさらに波及させこれまでの”PLMM2X”と”RPLMM2X”を全面刷新するアップグレードモデル、”XLPC”(XL Power Cord)と”RPC” (Reference Power Cord)、そして、MM2テクノロジーのハイC/Pモデル(PRPC / HPPC)など、RFノイズを強力に低減し、オープン・ダイナミックス感溢れる高い再生品位を接続機器にもたらすトランスペアレント独自の電源コード・ラインナップ。

POWER CORD Lineup

価格表

POWER CORD

_______________________________________________________________________

<OPC>OPUS Power Cord

● トランスペアレント”Gen5” 新フラッグシップ・電源ケーブル ”オーパス”パワーコード

Transparent_OPC

OPC

西暦2000年、ミレニアムの年、トランスペアレントはケーブル製造に於ける当時の最高水準を確立したオーディオケーブル”OPUS”を発表。精緻なその製造技術は、”ミレニアム”に因んで”MMテクノロジー”と命名。その後それは、およそ8年の歳月を経て”OPUS MM2”に、さらにまた幾年もの研鑽を重ね、2014年、それは、”MAGNUM OPUS”となって究極的進化を遂げました。トランスペアレント第5世代に輝くその最新テクノロジーの成果は、即座にすべてのオーディオケーブルに投影され、今日の最新ラインナップ”Generation 5”シリーズとして結実。”MMテクノロジー”を母胎としてさらなる発展を遂げたこの“Generation 5テクノロジー”の革新的ファクターは、そして遂に、電源ケーブルのジャンルにも及びます。
現行ラインナップのトップモデル”PLMM2X”の上位を飾る”OPUS” Power Cordの誕生です。
1980年から脈々と続いてきたトランスペアレントの歴史を燦然と彩る電源ケーブル第五世代のフラッグシップモデルとして、”OPUS” Power Cordは、その素材、構造、ネットワーク、ダンピング、製造技術など、トランスペアレント独自の電源ケーブル・テクノロジーの究極的昇華を達成。オーディオコンポーネントへの、クリーンで揺るぎなく屈強な、質の高い電力搬送に求められる電源ケーブルの果たすべきパフォーマンスの頂点に君臨します。

[ テクノロジー ]
“Generation 5”オーディオケーブルの開発過程で、トランスペアレントは、伝送性能に於けるノイズフロアと電流駆動能力が、音楽信号の純度、換言するならば、「トーナルバランス」、「ダイナミックレンジ」、そして、「スペース感」といった再生のリアリティーを決定付ける三つのファクター、に如何に絡み、その改善に、限界にまで迫るノイズフロアの低減化とより大きな電流駆動能力が特に肝要であるかを改めて示しました。そしてその理想値を実現するための製造技術がかつてないレベルで達成されました。
そうした伝送性能における於けるノイズフロアの限界への低減化と大電流駆動能力を果たす“Generation 5”ケーブル・テクノロジーの威力は、電源ケーブルに於いてもこれまでトランスペアレントが達成してきた最高レベルのモデル”PLMM2X”をもさらに凌駕する可能性を示唆しました。
電源ケーブルへのテクノロジーの範疇は多岐に亘ります。電力搬送における駆動力を司る基本要素「ターミネーション特性」と「ケーブル導体能力」及び「エネルギーロス対策」、電力の質を左右する「ノイズ対策」と「振動対策」、さらにそれらのクォリティーレベルに関わる「部材の質」とその「構造」、そして最終的な「アッセンブリー・テクニック」といった様々な要素であり、それらは、微に入り細に入り絡み合います。
“OPUS” Power Cordは、これまで”PLMM2X”で実現してきた高度なテクノロジーに加えて、”Generation 5”を代表するOPUSオーディオケーブルの開発で見出された新たなケーブル設計/製造技術と、電源ケーブルとしては初めて、ケーブル長の違いによるインダクタンスの微妙な差異をも補償する新たなネットワーク技術、そして新たなネットワークモジュール化技術を投入した、トランスペアレント技術の集大成となる電源ケーブルです。

■ターミネーション・テクノロジーTransparent_OPUS_conn
3pプラグとIECコネクター、この両ターミナルへのケーブル導体のターミネーションには、全く新たなアプローチが開発され導入されています。6ヶ所すべてのターミネーションポイントへの10AWGもの極太OFHC撚り線導体には特殊な銅フェルールが高圧でクランプされ、ケーブル導体とターミナルとの接合ポイントにおいて、幾何学的にも機械的にもまた、それ以上に電気的に、究極的な整合性と安定化が図られています。また、それぞれのターミナルには、ACコンセント/IECインレットへの一段と強靭な接触が得られ、耐久性にも優れた、銅含有率の高いブラスに分厚い金メッキが施された新素材のコンタクトを採用。低接触抵抗化による電気的接点での歪みとエネルギーロスの最小化を実現しています。

■レゾナンスダンピング・テクノロジー
“OPUS”プロダクツの象徴でもあるカーボンファイバー素材によるアウター・シェルをプラグ/コネクター/ネットワークの各ハウジングに採用。それぞれ、内部には空隙を埋めるエポキシ系制振材が充填され、アッセンブリー段階では、微細なトルク管理を徹底しています。メカニカル・レゾナンスを極限にまで抑え込むための強力な制振対策です。

■ケーブル・テクノロジー
“OPUS” Power Cord のケーブルには、その素材、構造、アッセンブリー・テクニックの全てに亘って、”Generation 5”オーディオケーブルで確立したコンストラクションの新基準と素材選定、そして非常に厳しい製造管理スペックが適用され、その製造工程では設計目標に対して寸分の狂いもない厳格化を図るため、最も高度に熟練した技術者によってアッセンブリーされています。ライブ/ニュートラル/グランドの各導体は純度99.999%のOFHC銅線が複数本撚り束ねられ、束の隙間を完全に埋め尽くすように絶縁被覆で覆われます。タイトにツイスト結束された各導体は射出成形された外皮で寸分の隙間もなくカバーされ、物理的な安定性を確保することでケーブル自身の電気的特性を極めてコンスタントに維持します。採用された大容量10AWGの導体ゲージと内部形状、そしてコンストラクションなどの最終スペックは、様々なプロトタイプによる幾度もの慎重な伝搬特性テストと音質チェックの積み重ねを経て決定されました。

■ネットワーク・テクノロジーtransparent_OPC_
“OPUS” Power Cordには、PLMM2Xをはじめとするこれまでのトランスペアレント電源ケーブルのプロダクツと同様に、AC電灯線ラインから混入してくる電磁ノイズを低減するフィルター・ネットワーク・モジュールが搭載されています。しかし、これまでと大きく異なるのは、ケーブル長の違いによるインダクタンス、キャパシタンスおよび抵抗の変化をも補償する革新的なネットワークであることです。トランスペアレントは伝統的に、オーディオケーブルにはそうしたネットワークを搭載し、長さの違いに応じて最適なフィルター時定数となるようにチューニングされていますが、電源ケーブルに於いては初の手法です。
オーディオケーブルが扱う変化にとんだ低周波帯域の信号に比して定常的で波長の長い電源周波数に対するノイズフィルターでは、ケーブルのごく僅かなL/C/R成分の影響は無視できると思われがちですが、チューニングによる厳密なマッチングを図ることで、実はそれがノイズフリーで生粋の電力搬送に微妙に、しかし劇的に関わることが検証され、標準長2mに対して、1mや3mなど、異なる長さでも理想的な特性が得られることを可能にしました。
ネットワークの電磁ノイズ低減効果はGHz帯域にまで及ぶと同時に、高密度な導体のツイスト構成によるオーディオ帯域でのノイズキャンセリング効果も併せ持ちます。カーボンファイバー・シェルに包まれ、制振能力に於いても別格のネットワークモジュールが”OPUS” Power Cordには搭載されているのです。

”OPUS” Power Cordが到達した圧倒的進化のテクノロジーは、電源ケーブルの歴史に新たなランドマークを打ち立てます。
電源はすべてのパワーの源です。様々なコンポーネント、様々なアクセサリーや接続ケーブル類の前に、まず、電源の質がオーディオシステムの再生品位に根源的、そして決定的に関わります。”OPUS” Power Cordがもたらす電力搬送能力は、その劇的なS/N改善力と底知れないパワーを秘めたダイナミズムによって、改めてそれを覚醒させることでしょう。

_______________________________________________________________________

<XLPC>XL Power Cord / <RPC>Reference Power Cord

● “OPUS”テクノロジーでパワーアップ、“トランスペアレントGeneration 5”最新パワーコード”XLPC”, ”RPC”。

Transparent-RPC,XLPC_Networ

XLPC / RPC

異次元のパワー・クォリティーをもたらしたあの“OPUS” Power Cordが確立した数々の革新技術の粋が全面注入され、これまでの”PLMM2X”とード”RPLMM2X”の二つの電源コードがステップアップして生まれ変わりました。
”XLPC”(XL Power Cord)と”RPC” (Reference Power Cord)の誕生です。
そこに投入された革新のキーテクノロジーは、ケーブル導体構造と製造工程、プラグ/コネクターのターミネーションにおける素材とアッセンブリー、ネットワーク構成、ハウジングなど多岐に亘り、すべてのファクターが格段にパワーアップしています。

[ テクノロジー ]

トランスペアレントは、 “Generation 5”オーディオケーブルの開発過程で、電気信号の伝送性能に於けるノイズフロアと電流駆動能力が、音楽信号の純度、つまり、「トーナルバランス」、「ダイナミックレンジ」、そして、「スペース感」といった再生のリアリティーを決定付ける三つのファクターに如何に絡むかを解析し、その実現には、かつてないレベルでのノイズフロアの低減化と、より大きな電流駆動能力が特に肝要であることを改めて示しました。そしてそれは、電源コードにおいては尚多大な成果を生みだすことを”OPUS” Power Cordで実証しました。

電源ケーブルへのテクノロジーは多岐に亘ります。電力搬送における基本要素「ターミネーション特性」と「ケーブル導体能力」及び「エネルギーロス対策」、電力の質を左右する「ノイズ対策」と「振動対策」、さらにそれらのクォリティーレベルに関わる「部材の質」とその「構造」、そして最終的な「アッセンブリー・テクニック」といった様々な要素であり、それらは、微に入り細に入り絡み合います。

”RPC”と”XLPC”には、“OPUS”の開発で見出された新たなケーブル設計/製造技術と、電源ケーブルに対し初めて言及した、ケーブル長の違いによるインダクタンスの微妙な差異をも補償する新たなネットワーク技術、そして新たなネットワークモジュール化技術など”OPUS”テクノロジーの粋を投入しています。

■ケーブル・テクノロジー
ケーブル導体は純度99.999%のOFHC銅線を複数本撚り束ね、一本当たり10AWGの極太導体を形成。導体の束は、隙間を完全に埋め尽くすように絶縁被覆で覆われます。そのライブ/ニュートラル/グランドの三本の導体は、さらにそれぞれの隙間を寸分なく充填する絶縁マテリアルと共に、互いに極めて強く撚り合わせられます。そしてそれは最後に、射出成形された外皮で厳重に封印されるのです。電気的特性、特にインダクタンス/キャパシタンスの極度な定値安定化を図り、導体の僅かな振動すら生じさせないというこうした物理的安定性が、ネットワークとの完全整合を保つ上で極めて重要で、それがダイナミックな電力搬送を生むことを実証した”OPUS”テクノロジーがここにも生かされています。
※”RPC”と”XLPC”の導体はいずれも10AWG。
但し、XLPCは絶縁マテリアルの構成がより複雑となっているためケーブル径はRPCより一回り太い仕上がりとなっています。

■ターミネーション・テクノロジー
●新ターミナル加工:
Transparent-RPC,XLPC_PLUG“Generation 5”パワーコード”RPC”と”XLPC”のプラグ/コネクターターのターミナルには、“OPUS” Power Cordの開発で確立された新たなテクノロジーによる強力な端末加工が施されています。
3pプラグ/IECコネクターの各ターミナルの合計6ヶ所の接点は、10AWGもの極太OFHC撚り線導体がそれぞれ特殊な銅フェルールによって高圧でクランプされ、ケーブル導体とターミナルが高密度で一体化します。幾何学的、機械的、そして、何よりも電気的に、究極的な整合性と安定化が得られるのです。
●新ターミナル素材:
また、ターミナルにも新素材を登用。銅の含有率が通常よりも数段高いブラスに分厚い金メッキが施され、高耐久力の強靭性を実現。その、ACコンセントとIECインレットへの安定した強力なコンタクトによる低接触抵抗化と耐振化が、電気的接点の歪みとエネルギーロスの圧倒的な最小化を実現しています。
※”RPC”と”XLPC”のターミナル構造と素材は同一です。

■ネットワーク・テクノロジー – 厳格なネットワーク定数設定
一連のトランスペアレント電源ケーブル・プロダクツと同様に、”RPC”と”XLPC”にもAC電灯線ラインから混入してくる電磁ノイズを大幅に低減するフィルター・ネットワーク・モジュールが搭載されています。そしてそこには、やはり、”OPUS” Power Cordによって明かされたケーブル長の僅かな違いにも適応する厳格な定数設定の手法が導入されています。
ケーブル長の違いは、インダクタンス、キャパシタンスおよび抵抗の変化をもたらします。オーディオケーブルが扱う変化にとんだ低周波帯域の信号に比べて、定常的で波長の長い電源周波数に対するノイズフィルターでは、ケーブルのごく僅かなL/C/R成分の影響は無視できると思われがちですが、チューニングによる厳密なマッチングを図ることで、実はそれがノイズフリーで生粋の電力搬送に微妙に、しかし劇的に関わることが検証され、標準長2mに対して、1mや3mなど、異なる長さでも理想的な特性が得られることを可能にしたのです。
高密度な導体のツイスト構成によるオーディオ帯域でのノイズキャンセリング効果と相まって、ネットワークが果たす電磁ノイズ低減効果はGHz帯域にまで達します。
※ネットワークの基本構成は両者同一ですが、パーツなどの違いにより、
より性能の高い”XLPC”のネットワーク・ハウジングは”RPC”のそれよりも一回り大きく構築されています。

■レゾナンスダンピング・テクノロジー
●ネットワークの制振:
Transparent-RPC,XLPC_Networ電源ラインのノイズ混入を防ぎ質の高い電力搬送を実現するためにコードの途中に搭載されたトランスペアレント独自のネットワーク。その能力を100%発揮させるため、”RPC”と”XLPC”のネットワーク・ハウジング内部には”OPUS”と同様にエポキシ系制振材が充填され、ネットワーク回路のメカニカル・レゾナンスを極限にまで抑え込んでいます。そして、そのアウターシェルには新素材CFRP(Carbon Fiber Reinforced Polymer)を登用。“OPUS”パワーコードに採用されているカーボンファイバー素材に次ぐ堅固さと非共振性をリーズナブルなコストで実現しています。

●プラグ/コネクターの制振:
XLPC-RPC-Plug-and-Connectors_トリミング”RPC”と”XLPC”のプラグ/コネクターのハウジングは、”OPUS”同様、一般的なガラスの250倍以上と言われる衝撃強度をもつポリカーボネート素材を採用し、上皮に特別なソフト・ダンピング加工を施しています。”OPUS”のような外輪のカーボンファイバー装着はありませんが、その高耐振能力は極めて優秀です。

 

_______________________________________________________________________

<PRPC>Premium Power Cord

PRPC

PRPC

● 撚り線10AWG導体/発泡PVC絶縁、アルミ+銅網二重シールド。10-100MHz帯域の高周波対策を強化したRFノイズ除去ネットワーク・モジュールを搭載。
● 従来のPRPLに替わる新モデル。
● 導体ゲージは極太10AWG。アルミと銅網による二重シールドの採用。
● G5テクノロジーのエッセンスを取り入れた新設計フィルター構成。従来よりさらに高いノイズリダクション効果を達成し、オープン・ダイナミックス効果を高めています。

_______________________________________________________________________

<HPPC>High Performance Power Cord

HPPC

HPPC

● 撚り線12AWG導体/発泡PVC絶縁、アルミ+銅網二重シールド。
●HPPCは以前のHPPLに替わる新モデル。導体ケージは十分なパワーハンドリングを可能とする12AWG。
●ハイグレードのプラグとリセプタクルコネクターを登用し手加工による入念なターミネーションが施されています。
●唯一フィルター・ネットワークを持たないモデルですが、G5テクノロジーゆずりの導体構造とアルミと銅網による二重シールドの採用により効果的にノイズを低減しています。

_______________________________________________________________________

 

FM ACOUSTICS
TRANSPARENT
Ayre
Wilson Audio
Dan D’Agostino
MSB TECHNOLOGY
EXOGAL
bergmann
lumen white
Ayon