POWER CORD

POWER CORD

パワーロス皆無の厳格な並列フィルター回路によるネットワーク・モジュールを搭載(HPPCを除く)。

”GENERATION 5”シリーズの開発成果を反映したフラッグシップモデル、”OPUS” Power Cordを始め、そのテクノロジーをさらに波及させこれまでの”PLMM2X”と”RPLMM2X”を全面刷新するアップグレードモデル、”XLPC”(XL Power Cord)と”RPC” (Reference Power Cord)、そして、MM2テクノロジーのハイC/Pモデル(PRPC / HPPC)など、RFノイズを強力に低減し、オープン・ダイナミックス感溢れる高い再生品位を接続機器にもたらすトランスペアレント独自の電源コード・ラインナップ。すべて<PSE認証>製品です。

POWER CORD Lineup

価格表

OPUS Power Cord

トランスペアレント・フラッグシップ電源ケーブル ”オーパス”パワーコード

トランスペアレント最高峰の電源コード”OPUS Power Cord”(OPC)の誕生は、西暦2000年、ミレニアムの年、トランスペアレントはケーブル製造に於ける当時の最高水準を確立したオーディオケーブル”OPUS”に端を発します。その後”OPUS”は、およそ8年の歳月を経て”OPUS MM2”に、さらにまた幾年もの研鑽を重ね、2014年、”MAGNUM OPUS”となって究極的進化を遂げました。その成果は”Generation 5テクノロジー”を生みすぐさま電源ケーブルにも反映されました。それまでのトップモデル”PLMM2X”の上位を飾る”OPUS” Power Cordの誕生です。
1980年から脈々と続いてきたトランスペアレントの歴史を燦然と彩る電源ケーブルのフラッグシップモデルとして、”OPUS Power Cord”は、その素材、構造、ネットワーク、ダンピング、製造技術など、トランスペアレント独自の電源ケーブル・テクノロジーの究極的昇華を達成。オーディオコンポーネントへの、クリーンで揺るぎなく屈強な、質の高い電力搬送に求められる電源ケーブルの果たすべきパフォーマンスの頂点に君臨します。

電源はすべてのパワーの源です。様々なコンポーネント、様々なアクセサリーや接続ケーブル類の前に、まず、電源の質がオーディオシステムの再生品位に根源的、そして決定的に関わります。”OPUS Power Cord”がもたらす電力搬送能力は、その劇的なS/N改善力と底知れないパワーを秘めたダイナミズムによって、改めてそれを覚醒させることでしょう。 <PSE>認証製品

<OPC>OPUS Power Cord そのテクノロジー (PDF)

価格表

OPUS Power Cord Source

OPCS (OPUS POWER CORD SOURCE)

OPCS(OPUS POWER CORD SOURCE)は、トランスペアレント・パワープロダクツ電源コード部門の最高峰モデルOPC (OPUS POWER CORD)の優れた特質をそっくりそのままに、ネットワークと導体ゲージを一回り小振りにしてケーブルの取り回しを改善した、特にソース機器用として最適なOPUSクラスの新しい電源コードです。
純度99.999%のOFHC銅線を複数本撚り束ねた導体と、分厚い金メッキが施された銅含有率の高いブラスによる強靭なプラグ/コネクターとの接合には、特殊な銅フェルールを高圧でクランプするOPUSで開発された高度なターミネーション技術を駆使し、高周波ノイズを徹底抑制する独自のネットワークには、エポキシ系制振材が充填されたカーボンファイバー・ハウジングを登用。電力搬送能力の抜本的改善とともに、ノイズ対策、振動対策など、電源ケーブルに求められるすべてのファクターを異次元のレベルに高め、クリーンで揺るぎなく屈強な電源供給を果たします。 <PSE>認証製品

<OPCS>OPUS Power Cord Source_カタログ(PDF)

価格表

XL Power Cord

<XLPC>XL Power Cord

<XLPC>XL Power Cord は、 最高峰電源ケーブル“OPUS Power Cord”の開発によって生まれた新たなケーブル設計/製造技術を駆使してデザインされています。
それは、ケーブル導体構造と製造工程、プラグ/コネクターのターミネーションにおける素材とアッセンブリー、ネットワーク構成、ハウジングなど多岐に亘り、さらにケーブル長の違いによるインダクタンスの微妙な差異をも補償する新たなネットワーク技術と新しいネットワークモジュール化技術に及びます。
「ケーブル導体能力」と「エネルギーロス対策」、さらに「ノイズ対策」と「振動対策」など電力の質を左右するすべてのファクターにおいて格段にパワーアップしています。 <PSE>認証製品

<XLPC>XL Power Cordのテクノロジー (PDF)

価格表

Reference Power Cord

<RPC>Reference Power Cord

<RPC>Reference Power Cordは、 XLPCと同様に最高峰電源ケーブル“OPUS Power Cord”の開発によって生まれた新たなケーブル設計/製造技術を駆使してデザインされています。
それは、ケーブル導体構造と製造工程、プラグ/コネクターのターミネーションにおける素材とアッセンブリー、ネットワーク構成、ハウジングなど多岐に亘り、さらにケーブル長の違いによるインダクタンスの微妙な差異をも補償する新たなネットワーク技術と新しいネットワークモジュール化技術に及びます。
「ケーブル導体能力」と「エネルギーロス対策」、さらに「ノイズ対策」と「振動対策」など電力の質を左右するすべてのファクターにおいて格段にパワーアップしています。 <PSE>認証製品

<RPC>Reference Power Cordのテクノロジー (PDF)

価格表

Premium Power Cord

<PRPC>Premium Power Cord

● 撚り線10AWG導体/発泡PVC絶縁、アルミ+銅網二重シールド。10-100MHz帯域の高周波対策を強化したRFノイズ除去ネットワーク・モジュールを搭載。
● 従来のPRPLに替わる新モデル。
● 導体ゲージは極太10AWG。アルミと銅網による二重シールドの採用。
● G5テクノロジーのエッセンスを取り入れた新設計フィルター構成。従来よりさらに高いノイズリダクション効果を達成し、オープン・ダイナミックス効果を高めています。 <PSE>認証製品

価格表

High Performance Power Cord

<HPPC>High Performance Power Cord

● 撚り線12AWG導体/発泡PVC絶縁、アルミ+銅網二重シールド。
●HPPCは以前のHPPLに替わる新モデル。導体ケージは十分なパワーハンドリングを可能とする12AWG。
●ハイグレードのプラグとリセプタクルコネクターを登用し手加工による入念なターミネーションが施されています。
●唯一フィルター・ネットワークを持たないモデルですが、G5テクノロジーゆずりの導体構造とアルミと銅網による二重シールドの採用により効果的にノイズを低減しています。 <PSE>認証製品

Ayon
Ayre
bergmann
Dan D’Agostino
EXOGAL
finite elemente
FM ACOUSTICS
FYNE AUDIO
GRANDINOTE
lumen white
MSB TECHNOLOGY
TRANSPARENT