“Ion”

“Ion”

パワーDAC

”Ion“ Power DAC (”イオン” パワーDAC) 

EXOGAL”Ion”PowerDAC は、EXOGAL“Comet”とのリンクによって、デジタルオーディオ信号をスピーカーの直前でダイレクトに大電力のアナログパワーに変換しドライブすることを可能とするデジタルパワーアンプユニットです。
この連携では、”Comet”はAES/EBU(XLR), S/PDIF(BNC), Toslink, USB-Bなど4系統の、384kHzまでのPCM、並びに5.6MHzまでのDSDデジタルオーディオ信号に対する入力セレクター機能と、アップサンプリングとデジタルフィルターリング、I2S変換などのデジタルプロセッシングを行なうデジタルプリステージの役割を受け持ちます。
そして、”Ion”は、”Comet”によってプロセッシングされ、EXONETという特別なインターフェースによって送られてくるデジタルオーディオ信号を受けて、デジタルボリュームコントロールと、整音のための更なるデジタルフィルターリング処理の後、スピーカー駆動を可能とする大電力のアナログパワーにダイレクト変換出力します。

Comet+Ion

その変換アルゴリズムは一般的なPWM(Pulse Width Modulation)によるクラスD動作ではなく、一種のΔΣ変調によってスムーズなパワーを得る高音質設計。スピーカー駆動能力は大型パワーアンプにも匹敵する8オーム負荷100Wx2、4オーム負荷200Wx2というハイパワー。全帯域に亘る高いピュアリティーが、クリアで芳醇な響きをもたらします。
デジタル・プリ/パワーとも言えるこの”Comet”+”Ion”のシステム総体で、アナログステージと呼べるものは、唯一、アナログパワー出力段でのパッシブ・ローパスフィルターのみ。理想的な、そして完全なるデジタルアンプ構成が実現します。

exogal-cometion_exonet-con

※Comet(写真左)とIon(写真中)をEXONETケーブル(写真右)で接続。デジタル入力選択、ボリュームコントロール操作はComet側のコントローラー(リモコンまたはタブレットなどによるリモコンアプリ)で行ないます。

 

exogal-ion_back_■EXOGAL“Ion” Specifications

●パワー出力: 2x200W@4Ω, 2x100W@8Ω
●最小ロード: 2Ω
●ピーク出力電流: 2x20A
●周波数特性: 5Hz – 22kHz
●THD: 0.03%@1W@全帯域@4Ωロード
●出力ノイズ: 170μVrms A-Weighted 10Hz – 20kHz
●ダンピングファクター: >30 into 1Ω, >100 into 4Ω
●出力インピーダンス@100Hz: <0.03Ω
●ダイナミックレンジ:; >105dB,A-weighted
●入力コネクション: EXONET デジタルインターフェース
●スピーカー出力: 3ウェイ・バインディングポスト
●電源: 100VAC,50/60Hz
●消費電力: 800W(最大), 50W(平均), <2W(スタンバイ)
●外形寸法: 292W x 47.6H x 190D (mm)
●重量: 4.08 kg
●筐体/フィニッシュ: モノリシックアルミニウム切削加工/アノダイズ処理
●付属品: 専用ACアダプター電源(24VDC出力), EXONETケーブル

※仕様は予告なく変更することがあります。

パワーDAC

“Ion”

[ Support ]

★PhileWebの詳細レビューへのリンク>>
EXOGAL「Comet」「Ion」を聴く – 先端デジタル技術が実現したコンパクトオーディオ

FM ACOUSTICS
TRANSPARENT
Ayre
finite elemente
Wilson Audio
Dan D’Agostino
MSB TECHNOLOGY
EXOGAL
bergmann
lumen white
Ayon