新製品情報

2020年01月24日

FYNE AUDIO

Fyne Audio F701 新発売

Fyne Audio(ファイン・オーディオ)の最新モデル”F701” の輸入販売を開始いたします。
F701は、F700シリーズの中心に位置するフロアスタンディングモデルF702のメインユニット、200mm口径ポイントソース・ドライバー一基を、コンパクトなブックシェルフ・キャビネットに組み込んだ高品位スピーカーシステム。
ファイン・オーディオが誇る三大テクノロジーの投入、精巧な設計と厳選素材の登用、そして、スコットランドの自社工場での熟練職人による丁寧な手作りによって、2ウェイ・スピーカーの真髄を極める圧倒的パフォーマンスを得ています。

Fyne Audio “F701”
(8インチ・ポイントソース、2ウェイ・ブックシェルフスピーカー)
外装フィニッシュ3種類: ピアノグロス・ウォールナット / ピアノグロス・ブラック / ピアノグロス・ホワイト
“FS8” (F701専用スタンド)
※2020年1月発売

●F701ページ

2019年02月14日

MSB TECHNOLOGY

"Discrete DAC"登場。”Analog DAC”の最進化形後継機

MSB Technology社(USA)の最もホットな新製品”Discrete DAC”が登場します。
“Discrete DAC”は、デジタルオーディオの黎明期1990年代の早くから最先端のDAC開発に携わってきたMSBテクノロジーが、多様化を極めるデジタルオーディオ・フォーマットに対して、最も的確に、そしてフレキシブルに対応できる新世代のD/Aコンバーターとして、その先駆けとなった輝かしき第一号機”Analog DAC”の最進化形後継機です。
MSBのトップモデル”Select DAC” の開発によって確立され、”Reference DAC”へと展開されたMSBの新DAC技術”ハイブリッドDAC”の基本コンセプトとアーキテクチャーを踏襲しながら、それを、よりシンプル化した新しいPrime DACモジュールを2基搭載し、MSBならではの高い分解能とダイナミック特性による極めてナチュラルな音楽再生を実現しています。
標準装備の基本入力に加えて、オプショナルデジタル入力スロットを2系統備え、”Select DAC”、”Reference DAC”共通のQuad USBやレンダラーなどの各種デジタル入力モジュールをそのまま装着できるという優れた拡張性を有しています。

●MSB “Discrete DAC”新製品のご案内(PDF)
●MSB “Discrete DAC”ページへ

 

2019年12月12日

FYNE AUDIO

ファイン・オーディオ F502SP 新発売

ファイン・オーディオの中心に位置するF500 シリーズに、その最上位を飾る新モデル”F502SP”が登場します。
“F502SP”は、上位シリーズとなる”F702”に搭載されているプレミアムユニットを組み込んだスペシャル・エディションのスピーカーシステム。その外形と基本コンストラクションを、ほぼF502 と同一としながらも、クロスオーバー・ネットワークとべーストラックス部には、この新しいユニット構成を最大限発揮させるためのカスタマイズが行なわれ、格段にステップアップした高いパフォーマンスを獲得しています。

●製品ページ

 

2019年12月06日

Ayre

Ayre QB-9 "Twenty” アップグレード開始

衝撃のデビューから10年を経て、Ayre QB-9が最新の<Twenty>バージョンにアップグレードされます。

このアップグレードは、従来のすべてのバージョンのQB-9を対象とし、内部の主要サーキットの全面交換によって行ないます。
その先進のサーキットは、デジタルセクションにおいては、新しいデバイスの投入などによるレゾリューションの向上を実現しながら、DSD256(4x;11.2MHz) & PCM384kHzまで対応サンプルレートを拡張。そして、アナログセクションにおいては、最新のAyre “Twentyテクノロジー” によるオーディオ回路と電源回路のグレードアップが行なわれ、超高音質化が図られています。

■アップグレード内容
●QB-9(Version N までの全モデル対象) から QB-9 Twenty へ
●価格(部品・工賃込/送料別/税別) \210,000 ●受注開始: 2019年12月

■詳細は、
QB-9 Twenty (Upgrade) ページ
QB-9 Twenty アップグレードのご案内(PDF)

2019年08月02日

FYNE AUDIO

ファイン・オーディオ"Piano Gross"F500シリーズ 9月発売

新製品のご案内
F500 シリーズ < ピアノグロス・フィニッシュ モデル >
Point Source Speakers, with BassTrax Tractrix diffuser

ファイン・オーディオの中核に位置するF500シリーズ全機種に、この9月より、新製品 < ピアノグロス・フィニッシュ モデル > が加わります。
F500シリーズの4モデル(F500,F501,F502,F500C) は、これにより、それぞれ現行フィニッシュ2種類(ダークオーク、ブラックオーク)と、ピアノグロス・フィニッシュ2種類(ブラックまたはホワイト)の全4種類となり、様々なシーンへの対応の幅をさらに拡げます。
ピアノグロス塗装は、ピアノの筐体と同様に、幾層にもわたって重ねバフ仕上げを繰り返すという丹念な工程を経て美しい光沢を醸し出しています。
その高硬度のピアノグロス・フィニッシュは、キャビネット全体の剛性をも強化し非共振性をアップさせます。 それは、ファイン・オーディオ独自のポイントソース・デザインと、ベーストラックス・テクノロジーの優れた特質をさらに強化し、よりクリアでタイトな、より表情豊かな音の再現力をもたらします。

●”Piano Gross” F500 Series ページ

2019年07月12日

FYNE AUDIO

Fyne Audio F1-12 新登場

[ フラッグシップF1シリーズの最上位モデル ”F1-12” が遂に登場します ]

Audioは、F500シリーズとF1-10からスタートし、その後、F702とF300シリーズを加えて、そのラインナップを充実させてまいりました。そしてこの度、新たにフラッグシップF1シリーズにおける最上位モデルとして、 ”F1-12” の開発が完了し生産をスタートさせました。これに伴ない弊社では、新製品 “F1-12” の輸入発売を近々に開始させていただく運びとなりましたのでここにご案内申し上げます。

”F1-12” は、F1-10よりひと回り大きな12インチ・ドライバーを搭載し、感度も2dBアップしています。より広い面で、より俊敏なピストンモーション能力を得たそれは、中低域と超低域における音の厚みを圧倒的に増強し、3インチの大口径コンプレッションHFドライバーとの融和性をさらに進化させています。そして、それは、ファイン・オーディオならではの優れた音場再現性と定位能力を誇るアイソフレアー・システムに、より深く濃密なエネルギー感を与え、音楽の音に、まさに究極的リアリティーをもたらします。ファイン・オーディオ、真骨頂の誕生です。

●F1-12ページ

 

2019年02月06日

GRANDINOTE

GRANDINOTE(イタリア)アンプ 新規取扱いのご案内

この程弊社では、日本への初めての導入となる GRANDINOTE 社(イタリア)製品の輸入販売を開始させていただく運びとなりましたのでここにご案内申し上げます。
GRANDINOTE(グランディノート)は、1996 年から活動を開始したイタリアのオーディオメーカーで、現在、アンプとスピーカーを中心に展開しています。
そして、この程最初に日本のオーディオファイルの皆様にご紹介するアンプは、同社の創立者であり、開発者であるMr.Massimiliano Magri が、長年に亘る独自の研究によって2002 年にその技術を不動のものにしたMagnetosolidRTechnology と呼ぶ、真の真空管回路をソリッドステートのみで構成するという極めてユニークなもので、その高音質は世界のオーディオ業界で高く評価されています。

つきましては、GRANDINOTEページにて初期導入製品の概要をご案内致しますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

●Grandinote-Start.pdf
●Grandinote ページ

2019年01月08日

TRANSPARENT

TRANSPARENT "hardwired"ページを更新しました

”hardwired(ハードワイヤード)”シリーズは、トランスペアレントが誇る革新的ケーブル・テクノロジーの粋を、音楽と映像を愛するすべての皆様により身近に感じていただけるようにと、新たに企画製造された新シリーズです。ラインナップは、RCAインターコネクト, XLRバランス・インターコネクト, スピーカー, イーサネット,トスリンク, HDMI, 電源など、幅広いケーブルカテゴリーに及びます。
素材、導体構造、シールド構成、ターミネーション、コネクターなど、随所に、トランスペアレントが誇る基幹テクノロジーが注入されたこのハードワイヤード・シリーズは、トランスペアレントの中では、エントリークラスのロープライスでありながら、しかし、そのパフォーマンスは常識を遥かに超え、オーディオ再生はもとより、ホームシアター、さらにゲームなど、ホームエンターテインメントの音と映像を確実にステップアップさせるハイクォリティーを実現しています。

このほど、TRANSPARENT “hardwired”最新情報に基づき、ウェブページを更新。カタログPDFもご覧いただけます。

●”hardwired”ページはこちらです。

2018年09月19日

Ayre

Ayre "EX-8" Integrated Hub/Integrated Amp.

オーディオ誌、ネット誌など、既に多くの情報チャンネルで高評価のご紹介をいただき、また、多くのオーディオファイル諸氏からお問い合わせを頂戴していたAyre”EX-8”が、長らくお待たせいたしましたが、いよいよの入荷です。
当初ご案内しておりました “EX-8 Integrated Hub(インテグレーテッド・ハブ)”と、新たに、そのバリエーションモデル “EX-8 Integrated Amplifier(インテグレーテッド・アンプ)” が加わります。

● “EX-8 Integrated Hub(インテグレーテッド・ハブ)”は、100W/ch出力のアナログ・インテグレーテッド・アンプをベースに、ネットワーク/ストリーミング・オーディオ、USB、S/PDIFなど6系統に亘る多彩なデジタルソースに適応する定評のAyre高音質 DACを搭載するアナログ/デジタル統合型アンプシステムです。
インテグレーテッド・アンプ・セクションには、創立20周年を機に、フラッグシップ・ラインナップ”Rシリーズ”で確立した”The Twenty Edition”と呼ぶAyre渾身のアナログ回路技術を投入。
DACセクションには、ハイエンドUSBオーディオの先駆けとなったQB-9のステップアップモデル”QX-5”の高品位DACテクノロジーが投入されています。
この一台でアナログ/デジタルに亘り多様化した現代の幅広い音源にフレキシブルに対応し、スピーカーを強靭にドライブする”EX-8” Integrated Hubは、極めてシンプルでスマートな高品位オーディオ再生を実現します。
●”EX-8” Integrated Amplifier(インテグレーテッド・アンプ)は、そのバリエーションモデルモデルとしてDAC非搭載としたアナログアンプです。

Ayre EX-8 インテグレーテッド・ハブ(アナログ入力+デジタル入力:S/PDIF+USB+Network) ¥1,000,000
Ayre EX-8 インテグレーテッド・アンプ(アナログ入力のみ、DAC非搭載) ¥780,000
※各シルバーorブラック ※価格は税別希望小売価格

Ayre “EX-8 Integrated Hub” ページ
Ayre “EX-8 Integrated Amplifier” ページ

2018年08月29日

FYNE AUDIO

FYNE AUDIO 新規取扱いのご案内

この程弊社では、来る2018 年9 月1 日より、初の日本上陸となる Fyne Audio 社製品の輸入販売を開始させていただく運びとなりましたのでここにご案内申し上げます。
Fyne Audio 社は、昨年2017 年初頭に正式に発足した、真新しいスコットランドのスピーカーメーカーですが、創業メンバーの7 名全員が、それまでの⾧年に亘って、有名スピーカーブランドの主要プロダクツに深く携わってきたという豊富な知識と経験、そして実績を有する強者揃いです。

デビューからすぐに、フラッグシップモデルを始め中堅/入門モデルに到るまでの幅広いラインナップの設計/製造を開始し、昨年の発売と同時に瞬く間に世界のオーディオファイルの人気を集め、併せて海外のオーディオ専門誌からの極めて高い評価を獲得しています。どうぞご期待ください。取扱い製品など詳細はこちらです。

●FYNE AUDO 新規取扱開始のご案内(pdf)

●Fyne Audio ページ

2019年06月13日

finite elemente

finite elemente 取り扱い再開のご案内

およそ一年半取り扱いを中断しておりましたfinite elementeブランド製品(Germany)は、この度ようやく輸入販売を
再開させていただく運びとなりましたので、謹んでここにご案内申し上げます。

finite elemente 社は、弊社が輸入代理業務を引き継いだ2009年から8年間に亘り、ハイエンド・オーディオラックを中心とした多彩な製品展開を繰り広げ、その優れた性能と質感を多くのオーディオファイル諸氏から高い評価を頂戴してまいりましたが、
2017年秋から、諸般の事情により同社の操業は中断されておりました。
しかし、この度、創業者ルイス・フェルナンデス氏はその生産経営体制を抜本的に立て直すことに成功し、心機一転、再スタートを切る運びとなったのです。
そしてさらに、この再開にあたっては、主力製品であるオーディオラックは、リアルウッドの高級感をそのままに、コンストラクションの緻密な構造改革によって、より高い次元へと性能を高めたマークIIモデルにアップグレードされました。
つきましては、このマークIIモデルの概要とラインナップを含めた取り扱い全製品の詳細と全製品価格一覧を下記リンクにてご案内申し上げます。

finite elemente 製品ユーザーの皆様、そして、これまでご尽力をいただきました販売店の皆様には、中断中多大なご迷惑とご心配をお掛けいたしましたことに、改めてお詫び申し上げますとともに、新生フィニッテ・エレメンテ製品へのご期待を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

再開のご案内 2019新製品一覧 総合価格表

 

●finite elemente ページ

 

2019年10月17日

Dan D’Agostino

”Dan D’Agostino” プリアンプ"MOMENTUM HD PREAMPLIFIER"リリース!

Dan D’Agostinoブランド(USA)から新製品MOMENTUM HD PREAMPLIFIERがリリースされます。

Dan D’Agostinoブランドの衝撃のデビュー作となったモノーラル・パワーアンプMOMENTUM Monoblock (M300)は、その後”M400”へとグレードアップされ、そのポテンシャルを不動のものとしました。次いでリリースされたステレオパワーアンプ”S200”も、その成果によって”S250”へと進化を遂げました。
そして、MOMENTUMシリーズと好一対をなすプリアンプMOMENTUM PREAMPLIFIERは2013年に登場。
そのユニークなデザインと巧みなコンストラクションは、一種芸術品とも呼べるほどの存在感を醸し出してきました。

ここにご紹介するMOMENTUM “HD” PREAMPLIFIERは、初代MOMENTUM PREAMPLIFIERの優れたコンセプトとコンストラクション、そして優美なデザインを継承しながらも、内部回路のすべてを刷新するグレードアップを実現。その圧倒的なS/N感とダイナミックレンジ、豊かな情報量による奥深い音の表情が、その成果を如実に物語ります。

なお、MOMENTUM “HD” PREAMPLIFIERのリリースに伴ない、従来モデルから”HD”バージョンへのアップグレードも併せて実施させていただく予定です。

2018年08月03日

MSB TECHNOLOGY

MSB "Select TRANSPORT" / "Reference Transport"

MSB Technology社(USA)の新デジタルメディア・トランスポート2機種のご案内です。
その一つは、Select DACと好一対をなすモデル、”Select TRANSPORT”、もう一つは、Reference DACとのペアとして最適なモデル、”Reference TRANSPORT” です。
いずれも、SACD、CD、DVD、DVDオーディオ、4K UHD Blu-ray、Blu-ray、Blu-ray 3Dなど、音声/映像の多彩な光ディスク・メディアの再生に適応するとともに、ファイル・フォーマットでは、MKV、AVI、MP4などの映像とWAV、FLAC、APE、DSDIFF、DSFなどのオーディオの、USBメモリーやHDDからの再生、そしてNASやストリーミングなどのネットワーク再生を可能とし、DACに対して高品位なデジタル信号を送り出します。
そして特筆すべきは、Select DAC / Reference DACとのデジタルオーディオ接続の新たなインターフェースです。
これまでのLANケーブルを使ったPRO I2S方式に代えて、シングルモード・デュプレックス光ファイバーケーブルによる双方向赤外線レーザーによる”Pro ISL”方式を新導入。1Gbpsと言う膨大なデジタルデータを、例え1km先に送ったとしてもそのレベルロスは僅か0.3dB以下という超大容量/低損失の高速通信と完璧なアイソレーションを達成し、デジタルオーディオインターフェースの究極化を果たしています。

●ニュースリリース(pdf)

2018年01月24日

TRANSPARENT

トランスペアレント"XL PowerIsolator”

”XL PowerIsolator”

電源品位を格段に改善するパワーアイソレーターの最新鋭機トランスペアレント”XL PowerIsolator(XLPI)”のリリースです。トランスペアレントのパワーアイソレーターは、電流制限を一切課すことの無い、しかも、電圧/電流の位相整合の正確性までをも追求した独自の高性能ノイズフィルターを搭載することで、幅広いノイズ低減効果と100%の電源効率を実現し、さらには、音質/画質など機器の性能に全く影響を及ぼさないハイスピード・サージプロテクターも搭載するという一貫したコンセプトに基づいて設計製造されています。
その中で、この”XL PowerIsolator(XLPI)”は、既に高い評価を頂くトップモデル”OPUS PowerIsolator(OPI)”の設計・製造コンセプトを反映し、フィルターデザインとその構成コンポーネント、ターミネーション技法、エンクロージャーの素材と形状などにおいて、これまでのMMシリーズ・パワーアイソレーターのすべてのファクターを根底からブラッシュアップする革新の高品位電源供給を達成したハイパフォーマンスモデルです。

2017年12月12日

Dan D’Agostino

”Dan D’Agostino” <ブログレッション・プリアンプ&ステレオパワーアンプ>

”Dan D’Agostino”ブランド(USA)の新シリーズ”PROGRESSION(ブログレッション)”に加わる新しいプリアンプとパワーアンプのリリースです。

プリアンプ”PROGRESSION PREAMPLIFIER”は、プログレッションシリーズの最初のプリアンプとして、モメンタム・プリアンプの基幹アーキテクチャーを踏襲し実現させた優れた性能に加えて、デジタルモジュールのオプション装備を可能し、更に二系統ゾーンの独立出力を持たせるなど新たな機能を搭載しています。電源も、モメンタム・プリと同じく独立した別シャーシに収納され、電気的にも磁気的にも広範囲に不要輻射をシャットアウトするワイドレンジなアイソレーション性能を実現しています。

パワーアンプ”PROGRESSION STEREO POWER AMPLIFIER”は、プログレッションシリーズ第一弾として今年初めに登場し好評を博している”PROGRESSION MONO”をステレオ仕様としたモデルです。同シリーズ最初のモノ・アンプで初めて搭載された革新的なスーパー・レール回路によるステレオ仕様のパワーアンプです。スーパー・レール回路は、音楽信号の全振幅に対し出力電圧レール間で出力デバイスが100%のフルスイング能力を獲得し、出力ステージの性能が最大限に引き出されます。その結果、ダイナミクス、歪み、スピーカーに対するグリップ力など、諸特性の極限的な能力がもたらされます。

1 2 3 4 5 6
Ayon
Ayre
bergmann
Dan D’Agostino
EXOGAL
finite elemente
FM ACOUSTICS
FYNE AUDIO
GRANDINOTE
lumen white
MSB TECHNOLOGY
TRANSPARENT